収納棚をDIYで作る

収納スペースの少ない自宅のリビングに結構大きめの収納棚をDIYで作りました!

目指したのは大人が使いやすいことはもちろんの事、一番は子供が自発的に片付けやすい棚。出し入れがし易く、何をどこに片付けるか分かりやすい棚を自分なりに形にしていきます。

この記事では、その収納棚を作った過程・方法を解説していきます!

スポンサーリンク

収納棚の完成イメージ図

我が家は古めの中古戸建をセルフリノベーションしながら住んでいます。現状は以下の状態。この家のメイン生活スペースである1階リビングに収納が少ないんです。棚が全然ありません。。。

セルフリノベーションのまとめ記事はこちらから

大人2人で住んでる時は少ない収納でも何とかなってたんです。ですが、子供は分かりやすく定位置に片付ける場所を決めてあげないと床におもちゃが散乱しちゃうんですよね。

子供の片付けと大人の使い勝手、両方を考えてイメージをざっくり書いた図が以下。

棚は3つのゾーンに分けられているイメージ。

  • 右の大きいオープンスペースの棚は、収納ボックスにおもちゃを入れてドカっと置けるスペース。
  • 真ん中は右と同じ作りだけど、本棚に使ったり棚板を外して縦に長いものを収納できるフレキシブルなスペース。
  • 左は細々としたトミカなどのおもちゃ、文房具などを仕舞う引き出し。

扉を取り付けて見せない収納したりする選択肢もありますが、そうすると1動作増えてしまい子供が自分で片付けるハードルが上がるのでなるべくオープンな棚を採用しました。

まずは収納棚の大枠を組み立てる

作るのは窓の下のスペース。

ここの壁沿いにジャストフィットするような棚を作ります。

元和室なので柱がありオウトツがある為、棚板を切り欠くところから始めました。

板を実際に配置して壁に当てて切る箇所の印を付けます。以下では右端に縦板がくる分を考慮して印を付けます。

以下の左端も同様に実際当てて切る箇所を把握。(寸法を測ってカットしても良いんですが、木材を当てがって印を出すのが精度が高くて楽な手法なのでおすすめ)

柱の出っ張り分カット。

カットや切り欠きを入れて仮で当ててみてジャストフィットしたなら次の作業へ…!

組み立てる前にオイル塗装しておく

以下の4つは棚の枠となる切り出した板。

これをオイル塗装するのですが、なぜオイルを塗るかというと。

1つは、汚れを防ぐ効果がある為。2つ目は、木目を強調し木の魅力を引き出す為です。

木目は好みに寄る所が大きいけど、今回の杉材に限っては塗った方がカッコいいかなと思い塗る事にしました。まぁあくまでメインの狙いは防汚効果です!

オイルを塗る前に紙やすりで表面を整えます。ヤスって滑らかにしてあげる事で触り心地が良くなるだけでなく、塗装による色のムラを防ぐ効果もあるんです。

この量を手でやるのはメンドすぎるので電動サンダー使いました。

やすり掛けが終わっていよいよ塗装。

木目方向に沿って満遍なくオイルを塗って。。。風邪で幼稚園を休んだ息子が何かとカメラに写り込んでくる。笑

僕もやりたいよぉぉ!ねぇお父さん!と叫ぶので手伝ってもらうことに。塗り方にかなりムラっけありますが、まぁオイルなんで一応セーフですw

塗ったのはクリアカラーのオイル。僕がよく使うコスパ最強のユーロオイルという商品です。

このオイルは我が家のフローリングにも使っています。

【関連記事】無垢フローリングにオイル塗装をする

クリアカラーですが、木材は濡れ色になります。着色はしていないので木の自然な感じはそのままです。僕は大げさな着色はあまり好きじゃ無いので木目の魅力を引き出せるこれぐらいの色の変化が好きです。

良い色になりましたよね。

オイルが乾いたら仮で板を置いて、この枠をしっかり組んで固定する作業に入ります。

下側の固定は横からドリルで下穴を開けて、ビスを打って繋げました。

両サイドの縦板をビスで固定すると以下の状態になりました。次に天板も固定していくのですが、天板は綺麗に見せる為にビスの跡を穴を残したくないのでダボ継ぎという手法を使います。

天板をキレイに見せるダボ継ぎ

今回の棚づくりにおいて、天板だけはダボ継ぎという手法を使って木材と木材を繋いでます。

繋ぎたい板の双方に穴を開けて木ダボという木片で繋ぐ手法です。表面からは繋いだ様子が全く見えない為、美しい仕上がりになります。

ダボ継ぎの方法については以下の記事に書いたので詳しくはこちらをどうぞ。

>>ダボ継ぎのやり方。表面にビスや釘穴を残さず家具を綺麗に見せる手法を解説

区分けするための縦の仕切りを入れる

続いて収納棚を縦に仕切る2つの板設置します。

棚をいったん引っくり返して裏からはビスで留める。

表面側は木工用ボンドのみですが、ズレない用に固まるまでコーナークランプで固定しておきました。

この時点で収納棚の枠となる部分は全て作り終わったことになります。

残りは棚板の設置と引き出しの取り付けのみ。

棚受けダボ金具を使った可動式の棚板を作る

今回は市販の家具でもよく見かける棚受けダボという金具を使って可動式の棚を作りました!

両サイドに一定の感覚で穴を開け、その穴に金具を差し込み棚板を引っ掛ける方式です。穴に差し込む金具の位置を変える事で棚板を上下に移動することができます。

棚板は可動式にしておくと、収納するものが変わっても柔軟に対応できるところがいいですよね。

棚受けダボによる可動棚板の設置方法については、以下の記事に詳しい方法を書いたので合わせてどうぞ。

>>備え付けの収納に棚ダボによる可動式の棚板を作る方法

棚にレトロ・アンティーク調な引き出しを作る

最後は棚の引き出し部分。

引き出しはオープンな棚より加工精度も必要とされ難易度は上がりますが、地道にやって何とか作り上げました。

今回作った引き出しに関しては、スライドレールを使わずにサイドに取り付けた角材に乗せてスライドさせる方式を取ってます。

スライドレールって一度引き出しを全部外してしまうとハメ込むのにコツがいりますよね。その点、今回の単純なスライド機構であれば4歳の子供でも引き出し全体を外したり入れたり容易にできています。

見た目もカッコいいし満足度の高い箇所になりました!

引き出しの詳しい作り方は以下の記事からどうぞ。

>>アンティーク感のあるスライドレールを使わない引き出しを作る

家の壁に取り付けて完成

最後の仕上げとして、ジャストサイズに作った収納棚を家の壁にビスで取り付けました。今回僕は家に固定して備え付け家具にしてしまいましたが、もし賃貸だったら置くだけで終わりで良いですね。

完成した収納棚の全体像はこんな感じ。

これだけの棚でもかなりの収納力があります。現時点で入れてみたら子供のおもちゃがかなり片付きました。

子供が大きくなればメインの用途を本棚やランドセル置き場として使ってもOK。かなりフレキシブルに使っていけます。

掛かった資材代は2.6万円ぐらい(工具抜き)。製作時間は買い出しなども含めると全部で25時間ってとこですかね。

引き出し部分に真鍮の取っ手を使ったのが結構な出費に…痛てぇ…。時間もかなりの部分が引き出しに掛かっています。笑

それでもこれだけ大型の家具で2.6万なら十分安い!素材も化粧合板などではなく杉の本当の木材で納得したものが選べました。これがDIYの醍醐味!!

今回はダボ継ぎしたり、引き出し作ったりしましたが全部オープンな引き出しの収納棚とかであれば、もっと簡単に安くできるはずです。

自分で必要だろうと考えた用途で作ったものが、家でバッチリ用途にハマって家族に使われているのを見るのは楽しい限り。市販のもので満足できなければ作ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

質問でも感想でもお気軽にコメントください。

*

CAPTCHA