【賃貸DIY】壁に5mm厚の足場板を貼ったらカッコ良すぎた。難しい工具も必要ないし皆やった方がいい

賃貸物件でも手を加えると視覚的変化が大きいのがよく目に付く位置にある壁。

賃貸で壁をDIYする手段は剥がせる壁紙やディアウォールなどいくつかの手段がありますが、今回は薄くスライスされた5mm厚の杉板を現状復帰可能な方法で貼り付けてみました。

その壁が想像していたよりめちゃくちゃカッコ良くなりました!

高価な工具も特別なスキルもいらないし割にガラッと部屋の雰囲気が変わるので本当におすすめ。

と言う事で、以下で足場板を貼った様子を詳しく書いていきます。

スポンサーリンク

5mm厚の足場板が質感良い、加工性が良い、初心者にも扱いやすい

今回調達した材料はWOODPROの扱う5mm厚の足場板(新材・なめらか)。杉材です。

足場板って何?という方もいるかもしれないので簡単に説明すると、建築現場で組まれる足場に使われる板のこと。そのまんまですね。笑

その足場に使われる前の新品足場板を薄くスライスしたものが今回調達した板です。

5mmの厚み、そして木材の中でも柔らかい樹種の杉なので、頑張ればカッターで切れる加工のしやすさが魅力的!電動工具がいらないのでDIY初心者でも扱える取り回しの良い素材なんです。

この素材を賃貸物件の壁に貼っていきます。もちろん接着剤などは使わず現状復帰可能なDIYで進めます。

賃貸なので両面テープとタッカーを使って壁に足場板を貼る

今回足場板を貼るのは以下のキッチンの前の壁。よくある白いビニールクロスの壁ですよね。

まずは足場板の裏側に両面テープをピタッと。

両面テープは今日粘着のものを使うと、後々壁紙を痛めてしまうことになるので賃貸物件で使える剥がせる両面テープを使いました。

上と下のそれぞれ一辺に貼ってあげました。

その板を端っこから隙間が無いように壁に貼っていきます。

ピタッ。

この後、しっかりグリグリ貼り付けました。

壁の端まで来たら足りない隙間分はカットしてジャストサイズの板を作ってあげます。以下のように実際上に板を当てて線を引くと簡単に必要な長さが出せます。

引いた線に沿ってカット。

カッターでも何度か刃を何度か通して頑張ればカットできますが、正直手鋸があると楽なので用意するのがおすすめ。板が薄いので大きい鋸より小さい造作用のノコギリがちょうど良い。

カットできたらハメてあげればOK。

この要領で2列目以降も貼っていきましょ!

と、威勢良く進めているとやはり来ました。木材の反り。

本物の木ですし薄い板なので反りや捻れは付き物です。それは分かっていたのですが、両面テープだけで強制できないかなーと密かに期待をしていたものの、淡い期待は砕け散りました。。。笑

板の反りで剥がれてくるのを想定し用意してあったのがタッカー。

つなぎ目部分にバチンバチン打ってあげると、板の暴れも強制でき壁にくっ付いてくれました。

タッカーの芯はしっかり固定されるように足が長めの13mmを使用。タッカーによって使える芯の長さが違うのでその辺注意して選んでくださいね。以下の組み合わせは僕が使っているものなので間違い無しです。

近くで見るとタッカーの芯が見えてしまいますが、少し離れれば全然気になるレベルじゃないですね。木目と同じ方向に芯を打つのも目立たないコツかも?

ちなみにタッカー打って壁の穴は大丈夫なの?と思う人もいると思いますが、タッカーの芯による穴は画鋲よりも小さいので、退去時は歯磨き粉を指に取って擦り付けてあげればマジで分からないぐらいのレベルになります。賃貸DIYにタッカーは便利です!

さて、キッチン壁上段の際どい隙間のところまで来ました。

ここも板を当てて鉛筆で印の線を書いてあげます。

板の長手方向は木目と同じ向きなので、この方向はカッターでも割と容易にカットすることが可能。カッターは細いものより大型のガッシリしたものがおすすめ。

刃自体は貫通させなくてもある程度刃を通してあげれば、パキッと折ることができます。

以下のような角部分もちょっと時間は掛かりますが、丁寧に線を引いてからノコギリとカッターを駆使してカットしました。

こんな感じでだいたい良い感じではまればOK。

ここまでで60%ぐらい足場板貼り完了!この時点でかなりカッコいい!ポイントとしては、上下の板の継ぎ目を揃えないこと。継ぎ目が縦一列同じ場所に来ちゃうと逆に不自然な感じになってしまいます。

残りの部分は一枚そのままだと横幅が大きいので、壁の横幅を測ってジャストサイズでカットして貼り付けていきます。

梁で出っ張っている部分もしっかり切り欠いて。

最後の一枚…!

5mmの足場板を貼った木の温もりのある壁が完成

壁一面に貼り終えたAfterの写真がこちら。

お手軽にできてこの変化はめちゃくちゃ良い!!

無垢の木はやっぱり雰囲気抜群です。木目風の合板とは一線を画すものが確かにあります。

作業時間は11時から貼りだして作業を終えたのが13時半ぐらいだったので、約3㎡の壁で作業時間は2時間半ぐらい。

2時間半でこの雰囲気が得られるなんて時間対効果高すぎ!

ちなみにこの壁の場合1箱の注文で足りたので足場板だけの費用は1万円です。1㎡あたり約3,000円とすこし高めかなという値段設定。これだけ薄くスライスされた板って他にないのが現状ですし、まぁ妥当なラインかなとも思えます。

他の両面テープやタッカーも入れると掛かった総費用は1.5万円ぐらい。

まとめると。メリットは、

  • 加工性も良く、手鋸やカッターという誰でも扱えるハードルの低い工具でできる。
  • 施工時間もそんなに掛からない。
  • 雰囲気めっちゃ良くなる。

デメリットは、

  • 値段が少し高め

と言ったところでしょうか。

床や天井に貼り付けても良さそう

実は最初、この5mmの足場板を賃貸の床に使おうかと思っていました。

しかし、反りがある為両面テープだけの貼り付けだと無理だと言う事が今回の壁で分かったのは良い収穫です。もし現状復帰を見込んで賃貸で貼るんだったら合板(ベニヤ板)を床に敷き詰めて、その上から接着剤やビスで固定する必要がありますね。

その方法については以下の記事で実践しているので参考にしてもらえればと思います。(※ドアの下に開くだけの隙間があるか予め確認してくださいね)

【関連記事】【賃貸DIY】マンションの床に傷を付けずに足場板を貼る

また、僕の自宅(持ち家)では和室の天井に貼ろうかと思っています。

重い羽目板は天井の補強が必要だけど、いちいち天井剥がして補強するのも面倒です…。

そんな時に5mmの足場板は軽いので補強無しでそのまま貼れちゃうのが最大の長所!僕は持ち家なので接着剤使って付ける予定ですが、賃貸でも今回の壁のようにホチキス使えば洋室の天井なら貼れますよね。絶対カッコ良くなる。

ただし、ホチキスは石膏ボードの壁にしか打てない(というか入らない)のでその辺だけ事前に把握しておくべき点です。

軽い・薄い・加工しやすい。とかなり取り回しの良い素材なので、部屋に木の温もりが欲しいとかちょっとDIYでイメチェンしてみたい。という方は使ってみると良いと思います!

ラブリコを使って自由に穴あけやペイントできる壁を作った記事も合わせてどうぞ!

今回の直接板を貼る方法とは別に、ラブリコという突っ張り棒タイプの道具を使って自由にDIYできる壁を作りました。

上記は既存の壁にベニヤの壁を新たに作ってネイビーのペンキを塗った様子。自由度が高い壁が欲しい人にはこの方法がおすすめです。

>>【賃貸DIY】ラブリコ使って壁一面にベニヤ板を貼った後ペンキを塗ってみた

スポンサーリンク

質問でも感想でもお気軽にコメントください。

*

CAPTCHA