【簡単DIY】杉の集成材を使ったデスクを自作する

デスクを自作すると聞くと「大きい家具なので大変では!?」と思ってしまうものですが、実は…めちゃくちゃ簡単なんです。

基本的な作業は天板を用意してデスクの脚を取り付けるだけ。材料さえ揃っていれば1時間もあればできちゃいます。

今回は簡単なDIYだけど、本格的で木目が男前なデスクを作ったので手順をなるべく詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

天板を調達

今回使った天板は以前紹介したスーパービバホーム豊洲店に売っていた無垢ボードという杉の集成材。以下の記事でも書いたやつです。

【関連記事】ビバホームで売ってる「無垢ボード」が無垢材テーブルが簡単に作れる優れた素材

4980円!めちゃくちゃ良い。24mmの厚みがあってこの大きさの杉の板なのに!

なぜこんなに安いかというと、集成材と言って数枚の杉板を接着剤を付けて圧縮する事で大きい一枚にしているからです。

以下のように断面を見ればその様子が分かると思います。

断面はアレですけど、表面を見るとそこまで継ぎ接ぎ感もないんですよね。

それに一枚板より見た目の劣ると言われる集成材ですがメリットもあります。それは湿度変化による反りや伸縮が少ないんです。

1×4材などを裏で繋げて天板にしてもいいんですが、反りは覚悟しなければなりません。その点集成材はわりと安心。

この板をホームセンターのカットサービスで現地で希望のサイズにします。奥行き方向を900mm→600mmに短くカット、横幅は1820mmのままノーカットで使うことにしました。

通販で売ってない素材なので近所のホームセンターに売ってない人は違う天板を探してください

この杉の板、カッコ良くて安くてめちゃめちゃコスパも良いんですが、売っている店舗がかなり限られてきます。

通販やIKEAでも天板はたくさん売っているので、そちらで探して買うことをお勧めします。

例えば以下のパイン材の天板は約7000円。比較的安価で木の節も入らない素材の為、綺麗目な印象の天板で良いですよね!僕の探した中だとこの天板がお手頃で大きさ的にも厚み的にもコストパフォーマンス良いかと思いました。

IKEAの天板は通販だと少し割高。車で買いに行ける範囲の人は良さそうですね。

天板に紙やすりを掛けてオイルを塗る

天板を調達したら、無塗装でいきなり組み立て初めても良いんですが。今回は一手間加えてオイルを塗りました。撥水や防汚効果のあるオイルであれば、飲み物や食べ物のちょっとした汚れもある程度防げます。

濃い色に着色したい方は濃いめの色を選びましょう。例えばダークウォールナットカラーのワトコオイルとか。

僕はあまり着色した濃い色が得意ではないので、自然な感じに仕上がるナチュラルカラーを使いました。

天板にオイルを塗る前に、ちょっと一手間。320番の紙やすりで表面の毛羽立ちを整えてあげましょう。その後仕上げ磨きとしてさらに粒度の細かい400番でさらにスベスベに整える。

オイルを塗る前にサンドペーパーで磨いてあげることで、オイル塗装のムラができにくくなります。

400番よりさらに細かい目のやすり掛けをする方もいますが、僕は400番ぐらいまでで十分だと思ってます。目の細かさをステップアップさせてペーパーを掛ければ掛けるほど触り心地も質感も良くなるのは確かですが、そこそこ満足できるレベルだったら400番で十分というのが僕個人の所感。

ヤスリがけをして表面に毛羽立ちがなくなり均一感が出たらいよいよオイル塗装に入りたい所ですが…その前にもう一手間!!

ドレッサーという木工用金ヤスリのようなもので、机の角を少しだけ丸く(面取り)してあげます。

以下の画像は今回のデスクを作っている時の画像ではありませんが、こんな風に角をゴリゴリ削ってやります。

画像:【賃貸DIY】ディアウォールで棚、テレビ台、デスク、ハンガーラック一体型の全部入り壁面収納を作るの記事より

すると…角がある状態から

少し丸くなって角が取れました。

見た目的にはそこまで変化のないこの面取り作業ですが、触れた質感は劇的に良くなります!たったこれだけで快適に机を使えます。この工程は省かず本当にやった方が良いです。

ペーパー掛けと面取りを終えたらここでオイル塗装。

ちなみにナチュラルカラーと言えど、塗る前と塗った後では結構色が変わります。

着色したようなワザとらしい色では無く自然な風合いを維持したまま濡れ色になるという感じです。

以下は引き出しを作った時の塗装ですが、どのくらい変わるかの参考に貼っておきますね。

オイルを二度塗りし終えたのが以下の天板。オイルを塗ると木目が強調され木の中にキラキラした透明感が出てカッコいい!杉の木目は男前感あります。

スポンサーリンク

調達したデスクのアイアン脚を付ける

今回使うテーブルの脚は以下のもの。

アイアン脚っぽい見た目ですが、厳密にはアイアン(鉄)ではなくスチール。質感は遠くから見る分には正直違いがほとんど分からないし軽いです。そしてアイアンの1/3ぐらいの値段で買えるので安い!

こいつを天板の裏に取り付けてやりましょう。角から5cm内側に取り付けることにしたので、定規(さしがね)で測って印をつけておきます。

取り付け場所が定まったら、テーブル脚を該当場所に当てて穴の箇所を鉛筆でマーキングします。

電動ドライバーにドリルビットを付けて下穴を開けます。(貫通しないように注意!)

脚を止めるためのネジは、頭が広く・ねじ込み側がフラットになっているトラスタッピングビスというのを使います。脚に付属しているビスがあり、それが天板を突き抜けない長さならそれを利用してくださいね。

今回の例で言うと、天板が24mmの厚みなため20mmのトラスタッピングを使用。

こいつを下穴を開けた部分に電動ドライバーでぐりぐり締め込んでいきます。

締め付け力に偏りが出ないように、全部を中途半端に差し込んでから全体を少しずつ締め付けました。

脚を一本付け終えたところ。

詳しく解説するために、たくさんの写真で刻んで解説してますけど、ここまで驚くぐらい簡単です!!

電動ドライバーだけはどうしても必要な工具ですが、これだけあればトリガーを引くだけで脚が付けれます。節約できる時間を考えると確実に元が取れるでしょう。

僕はハードなDIYもやるのでよりパワーのあるインパクトドライバーを使っていますが、これぐらいの作業なら安いドリルドライバーで十分対応可能。以下のクラスを持っていればいろんなDIYに使えます。

このあと、同じようにデスク脚を3本取り付けて完成。物足りないくらいあっけない作業。

DIYで作ったデスクの完成

脚を取り付けて設置してみた図が以下。

こちら、なんと総額1.2万円…!

この値段でこれだけの質感のデスクができるなんて最高か!

脚のデザインが今回はベーシックなものでしたが好みによって変えても良いですよね。スクエアタイプの脚とかカッコいいです。

天板は24mmとしっかりとした厚みもあるので182cmと長い机ですがたわみません。

木目がカッコいいですよね。しかしこのデスク、作ったのも使うのも女性なんですよ。そのギャップがまた最高です。(僕はお手伝い)

針葉樹のテーブルは柔らかい(特に杉とパイン材)ので傷とか付きやすいけど、合板や突板みたいに表面上の飾りじゃないく中まで木だから傷付いてもあまり目立たないし味と言える痕になります。

カッコ良く言うと傷も一緒の時間を過ごしてきた自分の成長の印になるんです。

一方、広葉樹は硬くて重厚感があります。ですが例え集成材であってもここまで安く作れません。

予算によって、そして自分の拘りや気に入った木目や色の天板を選ぶと良いですね!樹種が違うだけでデスクの雰囲気も全然変わってきます。

ついでに裏面に補強を入れました

今回使った天板は24mmも厚みがあり、ある程度体重を掛けてみても大丈夫なぐらい頑丈ではあります。

しかし、この机を使う人は毎日30〜40kgぐらいある重たい液タブを乗せて仕事をするという事で念のため補強を入れてみました。

本当はもうちょっと長手方向に長い材の方が良かったのですが手持ちの材がこれだけだったので、取り敢えずあるもので四角く角材で補強を作りました。

補強に使ったのは30mm×40mmの角材です。補強材は天板表面へ突き抜けない長さのビスを打って固定しています。

詳しく言うと、角材は厚み30mm、天板が24mmなので突き抜けないけどしっかり固定するためには40mm〜50mmのビスを使用します。今回は45mmのビスで補強材を固定してます。

念のためテストで50kgぐらいある重い荷物を天板に乗っけてみましたが僅かな弛みが見られるぐらいで、強度的には全く大丈夫そう。

24mmあれば補強はなくても通常使いなら大丈夫だと思いますが、念のためやっておきたいと言う方は入れてみても良いかもですね!

机だけでなくダイニングテーブルにしてももちろんOK!

今回は仕事用のデスク用途として使いますが、もちろんご飯を食べるテーブルという選択肢も全然あり。

作り方も特別違いはありません。

これだけのデスクやテーブルの市販品を買うとなると、とても1.2万では収まらない品でしょう。電動ドライバーがあれば特に難しい作業もないのでぜひ作ってみてはどうでしょうか!

【追記】今回紹介した無垢ボードでダイニングテーブルを作りたいけど補強はいりますか?というお便りをもらいました。

Q、天板のサイズは幅1350mm×奥行き700mm×厚さ24mmで考えていて脚は記事中のものと同じものを考えていますが、補強は必要ですか?という質問。

これに対して、実際に作って触った僕の感覚で答えますと。

1350mm程度の幅でしたら正直いらないと思います。24mmの厚みの木材って意外と丈夫で弛みません。

お皿とかご飯を乗せるて普通に食卓として使う用途であれば大丈夫です。もし作成してみて後々気になったら記事で紹介しているような補強を入れることも簡単にできるので安心して作ってみてよいと思います。

もし最初から不安がつきまとうのであれば、最初から補強をいれちゃうのも全然ありですね。何しろ本当に簡単な作業なので!

使った工具・資材

工具

資材

調達した天板:ビバホームで売ってる「無垢ボード」が無垢材テーブル・デスクが簡単に作れる優れた素材

【補強用】

次は僕がDIYの進める時にアイディアを形にするまでの手順を書いた記事もどうぞ!

家のセルフリノベーションから家具DIYまでやっている僕がDIYをする時に踏む手順を公開しました!

デスクだけでなく他のものを作りたい時にも参考になるはずです。この手順でやれば大抵のものは作れるはず。

>>DIYの始め方・進め方。抽象的なイメージからモノとして形になるまでの手順

スポンサーリンク

関連記事

コメント一覧

  • Comments ( 8 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by vqfit

    同じような無垢の天板を使ってデスクを作りたいのですがワトコオイルは小さいもので十分足りましたか?

    • by Suke

      大きい容量の使いかけの物を使ったので正確なことは言えませんが、片面だけでしたら足りると思います!

  2. by 匿名

    全くの素人の質問で申し訳ありません。
    補強材はどのようにして天板に固定しているのでしょうか?

    • by Suke

      返信遅くなりました!補強材は角材側から天板表面へ突き抜けない長さのビスを打って固定しています。
      この天板は厚みが24mmあるので15mmぐらい天板にビスが食い込めば良しとしています。もっと詳しく言うと角材は30mmなので45mmのビスを使ってます!

  3. by kb

    商品として購入させて頂きたいくらいです。質問なのですが、このシックでオシャレな黒のスチール脚はどこで購入されたのか
    教えて頂けないでしょうか?ネットや近場のホームセンターにあるのなら是非自分も購入したいです。

    • by Suke

      嬉しいお言葉ありがとうございます!
      スチール脚については以下のものを使っています。
      『スチール テーブル脚 高さ67cm』 (4本セット)

      上手にできることを願っています〜!

      • by kb

        早速のお返事ありがとうございます!

        似た物を探すしかないと思っていたので、まさかネットで同じ物を購入出来るとは感無量です・・・。
        職場の人間にページTOPのSuke様作成の完成品の写真を見せたら皆絶賛しておりました。
        一人詳しい方が天板の補強を薦めてくれたのですが、やはりこのページの補強写真を見せたら
        まさにこれだと仰っておりました(笑)

        初心者ですがこの一目惚れの机を目指し、手順も参考にさせて頂き作成します。
        素晴らしい作品と情報を本当にありがとうございます。

        • by Suke

          作品に一目惚れだなんて嬉しすぎです…!ブログやってて良かったなぁと思える言葉です。励みになります!
          また何かありましたらお気軽にコメントください。
          作る過程もぜひ楽しんで来て下さい〜。愛着ある机になると思います!

質問でも感想でもお気軽にコメントどうぞ!

*

CAPTCHA