半永久的に使えるヤスリ。NTドレッサーが面取りやバリ取り用途に重宝してる話

僕がDIYを始めた頃、削ると言えば「紙ヤスリ」しか知りませんでした。木材の表面を整えるような仕上げは得意だし、粗めの番手を使えば角を削って丸めることもできます。

しかし、ドレッサーという金属製のヤスリを知ってから、粗めの紙ヤスリを買うことは無くなり木材のバリ取り・面取りは全てドレッサーに置き換わりました!

今回は使い捨てでは無い経済的なヤスリ、「NTドレッサー」の使い勝手の良さを伝えたくて書きました。

スポンサーリンク

紙ヤスリと違って使い捨てではなく、長く使えて経済的なドレッサー

まずドレッサーって何か。というと、簡単に言うと裏が金属製の「持ち手の付いたヤスリ」です。

ただ金属製と言っても荒くゴリゴリ削れるわけではなく、中目ぐらいのちょうど良く整った感じで削れてくれます。

金ヤスリの強さとサンドペーパーの細やかさを兼ね備えたいいとこ取りな研磨具なんです。木工はもちろんのこと、アルミ程度の柔らかい金属まで使えちゃいます。

ただしデスクの天板の表面を整えるなどの仕上げ磨きの作業には向いていません。角の丸みや凸凹を均すために削りたいという用途に向いています。

「半永久的に使える」とは書いたものの、裏の金属部分は硬いものを削れば消耗します。よって裏のヤスリ部分だけの取り替え部品も売ってますが、僕は3年ほど木工で使っているけどまだ一度も交換する必要性を感じません。

ヤスリ部分の交換はネジを2つ外すだけで簡単にできます。(使用感抜群の写真で失礼します…)

では、実際このヤスリどんな場面で使ってるの?という肝心なところをお話していきます。

面取りやバリ取り用途にNTドレッサーが便利すぎる

僕は主にデスクや棚などの家具を自作したときの面取り用途、もしくは木材をノコギリで切断したあとのバリの処理に使ってます。

この「面取り」と「バリ取り」にNTドレッサーが適材適所すぎてもはや欠かせない存在となっています。実際それらの作業について見ていくと。

面取り作業の様子

面取りは以下のように木材の角となる部分を丸める事。角に沿ってドレッサーを動かしてあげると尖っていた角が丸くなって、肌が当たったときの感覚が全然違います。

面取り作業の様子はスタンディングデスクを作ったときのYoutubeで見れます。(↓再生すると6:36の面取り場面から始まります)

特にテーブルやデスクでは使用時に肌が角に当たるので面取り必須と言っても過言ではありません。

木材切断後のバリ処理の様子

面取り作業以上に重宝しているのがバリ取り作業のとき。

木材はノコギリで切断すると、以下の様なバリと呼ばれるトゲトゲが発生しがちです。

これをNTドレッサーで処理してあげます。

バリの処理をするだけで完成度が上がります。

スポンサーリンク

たまにのDIYで粗めのサンドペーパーを切らす心配のない快適さ

『面取り』『バリ取り』の作業はサンドペーパーでも出来るのですが、使い捨てではない為「使おうと思ったら無くて買いに行く」みたいな手間が無くなったのメリットが地味にでかいです…!

地味な脇役工具ですが、趣味のDIYライフを快適にしてくれること間違いなしです。

ゴリゴリ削れる荒目もあります。

NTドレッサーを使ったDIYはこちら

YouTubeでも更新中

99% DIYのYouTubeチャンネルができました!
チャンネル登録よろしくお願いします!

関連記事

質問でも感想でもお気軽にコメントどうぞ!

*