壁紙を剥がし残った裏紙を処理せずにそのまま塗装したらどう仕上がるのか実験してみた

内装のペンキの塗装にはいろいろな手順があります。DIYの場合、ビニールクロスの上から塗ってしまう事も多いです。ただクロスの上からペンキを塗るとクロスに加工されている凹凸がそのまま浮き出ます。

量産型クロスのエンボス加工が安っぽくて、その上からペンキを塗るのが嫌だと言う人も実は割と多くみられます。(自分の周り調べ)

リノベーション時にプロの職人に見られるのが、クロスを剥がしてペンキ塗装するという方法。しかし貼ってあったクロスを剥がす時にビニールクロスの裏紙が上手いこと剥がれなくて壁に残ることが大半なんですよ。

そのため職人さんは霧吹きで湿らせて糊を溶かしながらヘラで裏紙を全て取り去って、下地を平滑に整えてからペンキ塗装をするという光景を何度もみたことがあります。

でも、これってかなり労力掛かりますしDIYでそれをやるのはどうなの?とも素人の僕は思うわけです。。そこで今回は裏紙が残ったまま塗装したらどんな仕上がり具合になるのか実験してみました!

スポンサーリンク

壁紙を剥がして裏紙が残った状態の天井

今回実験してみるのは上記の天井。既に壁紙を剥がした状態です。大半が茶色いクリーム色をしていますが、これ全部裏紙が取れずに残っている箇所です。ほとんど取れずに残ってしまいました…笑

端の方には裏紙も取れた箇所も。いい具合にムラがあります。

このくらいだとパテでデコボコを均すという選択肢もありますが、今回はこのままペイントします!この部分のペイント後の差を特に観察していきたいですね。

裏がベニヤ板だったので木材のアクが浮いてこないようにアク留めシーラーを塗る(石膏ボードの場合不要)

結構古い築50年くらいの物件だからかビニールクロスはベニヤ板に貼ってありました。今時の住宅ならほとんどが石膏ボードに貼ってあると思います。ベニヤの凹凸で吸着が良くなってることもありこれだけ裏紙が残ってしまったようです。

そしてベニヤ板にそのままペイントすると木のアク(ヤニ)が出てきて、時間の経過とともに塗ったペンキの色が茶色くくすんでしまいます。

それを防ぐためにペンキを塗る前に、ヤニ留めシーラーを塗る処理をします。端っこは刷毛で、真ん中はローラーで一気に。

以下がヤニ留めシーラーを2回塗りした状態。1回目が乾いてから2回目を塗りました。シーラーは乳白色の半透明な液体なので濡れ色になるぐらいの変化です。

スポンサーリンク

白いペンキで塗装してみる

シーラーが完全に乾いたら白のペンキで塗っていきます。使ったのは以下の室内用水性ペンキ。

このノボクリーン、塗る面積が多い場合はめちゃくちゃコスパ良くて凄くおすすめ。詳しくは以下に書いています。

関連記事:部屋の広い範囲をローコストでペイントしたいなら業務用塗料「ノボクリーン(艶消し白)」が最強

話は戻り、手前側だけ白で塗ってある状態。ここからザッと塗り進めました。

ペンキも1度目が乾いたら2度塗り必須です。1度塗りだけだとどうしても塗りムラが目立ちます。

ようやく全て塗り終えた結果が以下。現時点でも結構悪くないかも?乾いてからしっかり見てみましょう!

塗装後の仕上がりは割と許容できる範囲だった

遠目から見た感じは全然裏紙が残っていたことなんて気にならない天井ですね。

裏紙の剥がれムラがあった箇所に近寄って見てみると、若干デコボコしてます。とは言っても個人的にはあまり気になりません。というか全然気にならない。

プロの職人さんにお金払ってこの仕上がりだとアレですが、自分が許容できればなんでもOKなDIYであれば個人的にはこれで十分じゃないかと思うんです。普通に過ごす上で気付かないぐらいのデコボコですもん。

裏紙を霧吹きしながらヘラで全部剥がす労力と時間を考えると、直で塗ってこの仕上がり具合なら全然許容できる範囲です!

元から貼ってある壁紙のエンボス加工は嫌だ、壁紙を剥がしたいけど裏紙を剥がす処理が面倒くさい。。。という場合、手を抜きたい場所やそこまで完璧な完成度を求めないのであれば割と有りな選択肢だということが分かっただけでも大収穫な実験でした。

以前、自宅の壁にペンキを塗ったときビニールクロスのエンボスが安っぽくてが嫌で壁紙の上からパテを塗って埋めたことがありました。でも次はそんな手間なことしなくてもいいかも…という気持ち。こういう選択肢もあるよ程度に大変だった作業を見ていってやってください。

関連記事:砂壁とビニールクロスの上から全面パテを塗ってフラットな壁を作る

スポンサーリンク

関連記事

質問でも感想でもお気軽にコメントどうぞ!

*