【セルフリノベーション】洋室の天井を抜く その1

洋室の天井 前回の記事、【セルフリノベーション】和室の天井を抜くからの続きです。

今回は洋室の天井を撤去した後、画像右の壁内部の柱を解体していきます!

スポンサーリンク

洋室の天井は石膏ボードでできている

天井は石膏ボード 洋室の天井は梁から吊っている木材に約10mmの厚みがある石膏ボードをビスで留めてあるだけです。

見ての通り、石膏ボードはペラペラなので天井の解体は最初のキッカケだけバールで、あとは手でガンガン剥いでいくことで解体できます。多分思っているより簡単です。

洋室天井の解体方法

天井(石膏ボード)の解体作業

解体前に照明を外しておきました。 照明が付いているのはダウンライトやライティングレールじゃない限り、大体の家が引掛シーリングローゼットだと思います。 照明はこのコンセントに引っ掛けてあるので根元を回せば簡単に外れて下の状態になるはずです。引っ掛けシーリング 始めのきっかけだけ天井をバールで壊してやります。 そうすれば、あとは手で石膏ボードを剥いでいけます。洋室天井解体開始 和室の垂れ壁の構造に使われていた木材が邪魔なので並行して撤去します。 脚立に乗ってどんどん石膏ボードを剥がす。天井解体風景 人間の遺伝子レベルで心をくすぐるCoolな天井裏が見えてきました。 むむむ。これは。配管に巻き付いた断熱材 断熱材?に包まれた配管が見えてきた!配管は後々見栄えよく仕上げます。 二階にある洗面所に伝わる水道管も見えてきました。水道管が露出 この家が本来隠し持っていたポテンシャルが引き出てきました。

セルフリノベって家に愛着持てるし楽しいので、リノベーション自体を全部業者さんに任せてしまうのはちょっとモッタイナイと感じてしまいます。小学生ぐらいの子供がいるなら一緒にやったら絶対楽しいし、子供にも良い経験になると思いません?

ガタッと、解体した石膏ボードの裏から何か落ちてきた。天井裏から現れたトンカチ 20年前の大工のトンカチが降ってきたw

良い感じの風合いを醸し出しています。普通に使えるのでこれから仲間に入れて使うことにします。20年経ってもバリバリ使えるなんて良いモノなんでしょうね。さすが職人の道具。

他にも天井裏には、あの黒い虫の死骸も一体ありました。死骸とはいえ、いつもそこにあいつが居たと思うと天井を抜いて本当に良かった。

さて、半分ほど解体しました。天井を半分解体した状態 ここからは天井に照明がなくなるので、内装工事の現場などでよく使われているクリップライトを活用します。クリップライト 値段が安くて部屋全体が明るくなる照明を探していたらやはりこれに行き着きました。 天井を解体するのなら、必須。クリップライトの明るさ 体感としては、15平米に1つ必要なぐらいです。200Wの電球なのでかなり明るい。

洋室天井の残り半分も脚立に乗って、手で剥ぎ取ります。石膏ボードを全て剥ぎ取った 石膏ボードは全て撤去し、止められていた骨組みだけ残りました。(↑ちょっと解体され始めてます)

洋室天井の構造

洋室天井の構造 前回の和室の天井とほぼ同じですね。 家の躯体となる梁に、細い角材が釘で止められ碁盤の目のように吊り下げられています。

この角材の枠組みに石膏ボードがビスで止められて、いつも見ているフラットな天井ができあがっているようです。 ちなみにこの枠組みは耐震には関係ないので何にも迷わず撤去!

天井の骨組み&壁内部の柱の解体

壁の柱の解体

この天井と壁の格子状の枠組みの解体は一時間も掛からないぐらい簡単でした。

使うのは、
トンカチ
バール
・(必要なら)インパクトドライバ

こんな感じ↓で梁に角材が釘で留められているので、角材を釘の頭の逆側からトンカチで叩けば一本一本外れていきます。 ビスで止められている場合はインパクトドライバーで簡単に外せます。
躯体に止められている角材 解体が終わると配線が気になります。右側の壁の柱も天井の梁に釘で固定されていたので解体しました。一本残ってる柱も後ほど撤去します。壁の柱の解体後 この量!!反りの少ない使える木材は釘を抜いて後々なるべく再利用してやります。節約になりますしね。天井解体で出た木材の量 天井だいぶスッキリしました。天井解体済み この通り、電気配線がたくさん出てきます。 これは自分では手に負えないので、この段階で電気工事士に依頼をかけました。

配線整理と照明設置を依頼します。電気工事士さんが来るまでにライティングの構想を固めておかなければ。

次回はまだ少し残っている天井の細かい処理と、天井や壁を抜くことで補修しなければならない箇所のお話です。
洋室の天井を抜く その2

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA