安くて簡単なのに効果抜群!プラダンで窓ガラスを断熱DIYしよう

我が家は築20年の東京にある戸建なんですが、断熱がしっかりしているとはとても言い難い家です。

夏も西日がガンガンに当たって暑いんですが、厳しいのは特に冬。くっそ寒い。

冬に寒い要因は、床からの底冷えが強いとか機密性が悪いとかいくつかあります。その中でも一番の寒さの原因は窓にあると思っていて、一枚ガラスの窓は冬になると窓伝いに冷気の流れが分かるほどです。窓をなんとかしなければ今のエアコンとガスファンヒーターを併用する暮らしからは脱却できないだろうと感じてます。

そこで今回は簡単かつ低予算でできる窓の断熱方法を試してみました。

スポンサーリンク

プラスチックダンボールは窓ガラスの簡易的な断熱材になる

窓の簡易的な断熱方法を考えたとき初めに思いついたのがプチプチを貼るというもの。

しかしこのプチプチ、窓に貼るとあまりにも見た目が良くないため他に安くて簡単に断熱材代わりに貼れるものはないか、ネットで探してみました。そこで見つけたのがプラスチックダンボール(通称:プラダン)を使った方法。

ぷちぷちを窓に貼るよりスッキリした見た目で、材料費も同じぐらい安く収まります。しかも加工が簡単で下手したらプチプチ貼るより簡単なんじゃないかってレベルです。

ブラダンを窓に貼る方法

窓のサイズを測って切って貼るだけですが、少し詳しく見ていきましょう。

使うもの

窓のガラス部分のサイズを測る

まずはプラダンがどれだけ必要か把握するため、窓ガラスの部分をメジャーで計測しました。

アルミサッシの内側、純粋にガラス部分の縦横サイズを測ってメモしておきます。

必要なサイズ分だけプラダンを買う

測った窓のサイズ分だけ必要なプラダンを仕入れます。

売っているプラダンのサイズは通販やホームセンターなどによっても様々なので切り取れるサイズを計算して必要な枚数を買いましょう。計算に自信がなければ1枚数百円と安いので足りなかったとなるより買い過ぎたとなるぐらいが良いのかもしれません。ちなみに私は1820×910mmのサイズを発注しました。

我が家は3か所の窓を貼るのでカットするサイズを図にすると以下の様になります。

825×850mm、790×760mm、610×34mmのサイズの窓ガラスをそれぞれ×2枚です。

これを1枚1820×910mmのプラダンに当てはめると以下のようになり、(継ぎ接ぎしない前提で考えると)最低3枚のプラダンを仕入れる必要があります。

必要枚数が分かれば、あとは発注してカットし貼るだけです。

窓のサイズをプラダンにプロットしてハサミでカットする

カットするときの目印として窓ガラスのサイズをプラダンにマーキングしておきます。

鉛筆で付けた印にそってハサミでカット。柔らかいので普通のハサミでサクサク切れますよ。

テープを使ってプラダンを窓に貼り付ける

あとはカットしたプラダンを窓に当てはめてテープで貼るだけ。

アルミサッシ部分とプラダンに跨って全体を梱包テープで包んで止めたんですが、以下のように角の部分はどうしてもシワが出やすい。これはどうしようもないかも…遠くから見れば気にならないレベルですけどね。

鍵の部分は裏側に差し込めば問題なく設置できます。

完成!意外と見た目は悪くない?

以下がプラダンの貼り付けが完了した後の窓。

離れて見ると思っていたより元からこういう窓だったかのように馴染んでいます。元が磨りガラスなので気にならないところもあるかもしれません。

プチプチ貼り付けるよりか5倍ぐらいマシな見た目じゃないでしょうか。

かといって、やはり近くで見るとプラダンの素材感もテープの雑さもチープな感じは否めないので見栄えは気に入っている訳でもありません。

個人的にはそもそも設置されているアルミサッシの窓自体が残念な雰囲気を醸し出していると思っているので内窓かブラインドを今後設置しようと思っています。

断熱性能の体感

実はこのプラダンによる断熱方法、去年設置したものでこの記事を執筆している今の時点でひと冬越えているのです。

実感としてはこれだけでも暖かさが全然違うと感じてます。

本当は2重ガラスの窓に交換するのが良いんでしょうけど、お金が掛かり過ぎてしまいますからね…もし冬に家が寒くて凍えている人はプラダン断熱は低コストだしやる価値ありますよ!見た目とか気にせず機能すれば良いという方には最高のコスパを誇る断熱方法だと断言できます。

寒さは他の原因も関わってくるのでこれだけで暖かくなるよと無責任には言えませんが、少なからず暖房代の節約にも繋がります。暖房代を節約したい・寒さを緩和したいという方は簡単なDIYなので挑戦して見てはどうでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA