抜いた天井の配線整理。電気工事だけはプロに!委託した作業と手順

電気工事の流れ 前回の記事、和室リノベーションDIYで畳からフローリングにする方法(下地編)の作業と同時に電気工事士さんに来てもらっていました。

今回は電気配線の整理を委託した話です。どんな順序で進めたか書いていきます。

スポンサーリンク

電気工事だけはセルフでできないと悟った

実際に職歴がある方や有資格者は別として、電気配線関係の工事だけは自分でやるのは辛いと感じる。 間違ったやり方をすれば火事など命に関わってくる可能性があるため、これだけはプロに任せることにしました。

資格を取って自分でやりたいのですがなんせ時間がありません。時間と安心を買ったようなもんです。

それに電気工事関係はネット上に情報が圧倒的に足りてません。これは資格が必要な作業なので仕方がないことですけどね。

電気工事士に依頼するタイミング

IMGP2758 解体が終わったと同時に電気工事士さんに入ってもらうのがベストです。

我が家は作業を中断させたくなかったので解体が終わる前(上の画像くらい)には連絡を取っておき、天井と壁の解体が終わった次の土日には来てもらい照明プランと委託する作業について現場を見ながら話し合いました。

電気工事士に来てもらう前に照明計画を決める

理想の部屋は? 電気工事士さんに来てもらう前に「こんな種類の照明を使いたい」「ダイニングテーブルが来るからここに電気ソケットを設置したい」等、計画を決めておきました。 その計画を基に配線を整理するからです。

電気工事士さんが受け持つ仕事はあくまで電気工事で、照明デザインを決めるのは自分です。相談や提案はしてくれるかもしれません。

皆さん一人一人にこだわりがあると思うので、想い想いにプランニングしちゃいましょう。

電気工事士に頼むこと

さて、ここからは電気工事士がやることです。私が頼んだ仕事を書いてみます。

配線整理

ぐっちゃぐちゃの天井裏配線 天井や壁を抜いたことにより出てきたぐちゃぐちゃの電気配線を整理をしてもらいます。配線整理 壁面によっては壁内部の柱に手鋸とノミで切り欠きを自分で入れました。その窪みに収まるように配線をセットしてもらいます。面倒ですが壁内部に配線を隠すためには手間は惜しみません。配線を壁内に納めるために柱を切り欠く 細いケーブルは壁内に綺麗にまとめてもらい景色が見違えるようにスッキリしました。

だけど太い配線が中央に一本!どうも外の電線からブレーカーまでの幹線らしい。かなり見栄えに影響してくるので張り直すことにします。お高いので正直迷った。。。天井配線整理後 画像には残してないけど、ブチ抜いた壁に付いていた(不要になった)コンセントの配線なども撤去してもらいました。

【順番に注意】配線整理を済ました方がと壁を塞ぐ作業が効率的になる

ケーブルを壁内に隠す場合、配線整理が済ましてから壁を塞ぐ作業に取りかかった方がいいです。 ちょっと話題が先走りますが、うちの例で作業順序を見てみます。

  1. 配線を壁内に整理 壁内に配線整理
  2. 壁を張る為の木枠を組んでいく。ここではふかし壁を作成しています。 配線整理後ふかし壁の型枠を作成
  3. 木枠に石膏ボードを張り、壁を作る。 木枠に石膏ボードを張る

見てもらうと分かる通り、先に壁を塞いでしまうと裏に配線を通すのに手間が掛かってしまいます。

まぁ配線出来ないことはないんですが、順序的にはこうした方が電気工事士さんは楽だと思います。

スイッチの増減・コンセントの設置

照明の場所・個数ともに以前とは変わるので、電気スイッチの数を増やしてもらう事に。 スイッチを一新 ついでに今まで電源のなかった場所にコンセントの増設もお願いしました。

照明器具の取り付け

配線の整理が終わったら照明器具の設置をお願いしました。ちなみに電気工事士さんがやるのはここまで。

我が家はライティングレールと壁面照明の2つを付けることにしました。ライティングレールはレール上ならどこでも照明が付けられるという使い勝手の良さが決め手でした。

電材は自分で購入し用意したものを電気工事士さんに取り付けてもらいます。

詳しく書くと長くなるのでライティングレール取り付けについては次の記事で書くとします。
ライティングレール取り付けを電気工事士に委託。自分で電材を調達する

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA