DIYで建てよう!小屋&パーゴラの作り方を学ぶ

先日、小屋&パーゴラを建ててきました。その工程と様子をできるだけ詳しく書いていきます。

今回建てる場所は、blue studioがリノベーションを手がけた東久留米市の集合住宅Le cheval(ル・シュバル)の敷地内。

この敷地でblue studio主催の小屋&パーゴラを作るワークショップがあり、小屋建てを学ぶ機会を得ることができました。

この場所はもともと隣接住居の駐車場でしたが、地域の人々が繋がるための場所として住居とともにリノベーションされたのです。

私が訪れた少し前にも芝張りワークショップがあったようで、今は冬で全面茶色ですが、夏には青々と潤った空間が広がることでしょう。

公園としての機能だけでなく、今後この場所には農場やコミュニティーライブラリ(共有本棚)などができる予定です。

今回はこれらのプロジェクトの核となる、農作業具を入れる簡易的な小屋と本棚の付いたパーゴラを建てる作業に参加します。

ワークショップの講師はHandyHouse project. 私の家のセルフリノベーションにも数回来て技術指導して頂いた方々です。

photo by HandiHouse project

確かな技術を持ちながらも場を盛り上げるエンターテイナー性があって大好きな集団です。

もちろん今回もめちゃくちゃ楽しく小屋建てをしてきました!

スポンサーリンク

完成イメージ

ハンディーハウスに所属する中田製作所の中田さんが描いた完成イメージ。(めちゃくちゃうまい!w)

右側にはドアと窓の付いた小屋、パーゴラ背面に沿って地域に解放される本棚が取り付けられるイメージです。

本棚の下部分には収納付きスツールが格納され引き出して座ることもできます。

良い雰囲気のスペースになる予感しかしないじゃないか。。。

基礎を作る(束石の設置)と柱を建てる

ワークショップは全日程で5日間。なんと私は初日、用事があって行けなかったのですよ。ぐぬぬ…

なので実際作業に加わったわけではないのですが、行われた作業を忘れないように書き留めておきます。

1日目の終着点は以下の画像まで(二日目の朝に撮った)。基礎部分の束石の設置と重要な骨格を組む部分までです。

地面に穴を掘り、束石を設置して基礎を作りました。

個人的には基礎の水平を取る作業が小屋&パーゴラのセルフビルドで一番難しく重要な部分だと思ってます。ここが狂うと後々困ることになるので丁寧にやりたい作業です。

デザインも考慮して、前列を高くして製作しました。そうすることによってパーゴラ内の空間に立体感が生まれるんです。

柱を組み上げていく順序についても一緒に以下の記事で詳しく書きました!

小屋&パーゴラの基礎作りと柱を建てる

パーゴラの屋根取り付け

2日目は終日パーゴラの屋根部分の取り付け作業。この日の着地点は以下の画像まで。パーゴラが完成します。

木材をカットしパーゴラの屋根を作るところから始めます。

屋根部分にはL型アングルを用いて材をビス打ちして固定。屋根の隙間の間隔が計算と合わなかったり、固定した後に屋根が飛び出しているところがあることに気付いたり順調に進まない場面もありました。

屋根材の先端を斜めにカットを入れて細かいデザインにもこだわっています。

記事にはパーゴラの完成までの作業順序を詳細に書きました!

パーゴラ屋根の取り付け方法

小屋部分の下地を作る

パーゴラの屋根作りが終わると次は、正面から見て一番右の一角に農作業具を入れる簡易的な小屋を作っていきます。

基本的にはカットした木材をインパクトドライバーとビスで組んでいくのみ。

どちらかというと木を組む作業より、寸法を測り墨出しする作業の方が地味だけど重要だと思う。

小屋と言っても屋根は付けず隙間もある簡易的なものですが、窓やドアも設置する予定なので少し複雑なところも出てきます。

以下の記事では、壁の下地の基本的な組み方を解説しています。この下地の組み方は小屋だけでなく内装のリフォーム・リノベーションでも使える知識。パターンがあるので一度覚えると応用が効きますよー!

小屋の壁の下地を作る方法

小屋部分の外壁を張る

前回組んだ小屋の下地に外壁を張っていきます。

今回使った外壁はレッドシダーの羽目板。個人的に木の外壁に憧れがあったので実際張る作業を経験できてとても嬉しい。

人が住む小屋ではないので、構造用合板は張らずに下地に直接羽目板を釘で打ち付けていきます。

ちなみに小屋の裏側(窓枠の奥に見えている青い部分)はコスト削減のため構造用合板を貼った壁にしています。ここでもちょっとした工夫で内側をブルーでペイントすることにより空間が引き締まります。

もっとも見た目が小屋っぽくなる工程です。実際作っている方もテンションが上がります!

小屋に羽目板の外壁を張る

無垢のドアに穴を開けてドアノブの取り付け、エイジング塗装を施したドアを小屋に設置。

ドアの塗装、ドアノブの取り付け、蝶番を付け小屋へ設置しました。

ゴールドのドアノブにブルーという組み合わせが最高にかっこいい。

しかしこのドア、単純にペイントしただけでなくエイジング塗装を施しています。

実はイエロー→でん粉糊(のり)→ブルーと重ね塗りしてあるんです。

ブルーの下に糊を挟むことで、糊が乾燥するにつれて収縮しブルーのペンキにクラックを起こします。さらに所々ボテっとした感じが出て長年に渡り何回も塗装されてきたような使い古した扉の風合いに仕上がります。

以下の記事では何も穴の空いていない無垢のドアにインパクトで穴を開けてドアノブを取り付ける様子も画像で解説!

無垢材の扉にドアノブの取り付けと、エイジング塗装を施し小屋に取り付ける

スツールの製作

地域の人が自由に使えるコミュニティーライブラリーということで、本も収納できるシンプルな四角いスツールを製作しました。

製作工程は至ってシンプル。ベニヤ板をそれぞれの面から貼り合わせた四角い箱です。

しかし大人が座っても安定感があります。

パッと見あまり目立ちませんが、キャスターが付いていて手軽に移動できる仕組み。シンプルな箱型スツールですが本棚の下にズラっと並ぶとコレが可愛いんですよ。

曲線や丸みのある洗練されたデザインの椅子も好きですが、四角いシンプルな椅子も作ってみて良いもんだなと感じました。

以下の記事では製作工程を画像も含め解説しています。

シンプルデザインなキャスター付きスツールを作る

あとがき

今回、なぜ小屋建てを学びに行ったかというと。私には地方に移住して庭にセルフビルドで小屋を建てたいという自分でも良くわからない願望があるからですw(実現するかはわかりませが…)

この記事達は、いつか小屋の建てる自分のために作り方を忘れないよう書いた備忘録でもあります。

ひとことで小屋・パーゴラといってもいろんなパターンがありますが、実際セルフビルドしようと考えこの記事を読んでいる皆さんにとっても参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA