和室6畳を畳からフローリングにリフォームする場合の費用は?

和室の畳をフローリングにリフォームをしたい方って多いのではないでしょうか?

理由はいろいろあると思いますが、僕は子供の頃に自分の部屋として割り当てられたのが畳の部屋で嫌がった思い出があります。笑 大人になった今は和室も好きですけどね。賃貸物件を運営している大家さんなんかも畳よりフローリングの方が貸し手が付きやすかったりしますよね。

畳には畳の良いところもありますが、今回は6畳の和室の畳をフローリングに変えるにはリフォームでいくら掛かるのか、実際に見積もりを取って検証してみたいと思います。「どのようにしたら質の高いリフォーム業者を探せるか?」「なるべく費用を抑えるコツ」などのテクニックを使って見積もりを取っていきますね。

ちなみに以下の部屋は我が家の和室。ちょうど6畳です。この部屋を近い将来リフォームしようかと思って今回この記事を書いてみました。

スポンサーリンク

リフォーム業者選びのコツ。できる限り安く済ませたいけど、質は落としたくない

リフォームするのにまずは業者を選ばなくてはなりません。

リフォーム代はなるべく安く済ませたい!っていうのが本音ですよね。僕もそうです。けれども、単に価格が安いってだけで選ぶと悪質な業者を引いてしまう可能性もあるんです。まさしく安物買いの銭失い。

では、どのようにリフォーム業社を選べば失敗しないかというと、以下の順序で見極めればOKです。

  1. 経験を積み重ねた実績と信頼のある会社を見つける
  2. 実績のある複数の業者に見積もりを取って価格を競わせる

1に関して言うと、経験を重ねたリフォーム業社というのは、壁紙貼りやフローリング張りなどそれぞれの作業が得意な良い職人さんとパイプを持っているもの。ユーザーの要望を高いレベルで満たすノウハウを蓄積しているのです。

一方2の価格の面に関しては、複数社から相見積もりを取ることで安い業者を選定することができます。相見積もりは引越しやリフォームの見積もりを取るときには定番の手段です。遠慮する必要はありませんよ。

しかし、知識ゼロから経験のあるリフォーム業社を探すのも、そこから複数社の見積もりを取るのも正直骨の折れる作業です。一社一社電話したり会いに行ったりは僕もやりたくありません。。。

そこで便利なのがネット上で複数社に一括で見積もりを依頼できるサービスです。

今回は僕もこのネットで一括見積もりが取れるベスト@リフォームというサービスを使って相見積もりを取ります。ベスト@リフォームは実績のある優良リフォーム会社だけが厳選されており、それらの会社から一括で複数社から見積もりが取れるという2つの条件を満たしているんですよ。便利な世の中になったものです。

では実際、畳からフローリングにリフォームする見積もりを取ってみます。

実際に見積もりを取ってみる

ベスト@リフォームのサイトにアクセスして[簡単一括見積もり]のボタンを押します。すると一括見積もり申し込みフォームが表示されるので必要事項を入力します。

ここで見積もり申し込みフォームの記入で気を付けたいことがあります

それはリフォーム会社への要望をなるべく具体的に書くことです。いくらネット上で一括見積もりが取れると言っても広さや条件を知らせしないとリフォーム会社は見積もりを計算することができません!

例えば「和室の畳をフローリングにしたい」とだけ記入した場合どうなるかというと。返ってくる連絡は「一度電話でお話しさせてください」とか「一度現地視察に伺わせてください」と言った返事となり、せっかくの一括見積もりを生かしきれない結果となります。(会社によっては具体的に書いても「一度電話で」と連絡が来るところもありますが…。)

これは以前リフォームの見積もりを取った時にあった僕の失敗談だったりします…汗

どのぐらいの広さの工事を行うのか。床だけの工事を希望なのか。希望するリフォーム箇所をどんな風にしたいかをなるべく詳しく記入しましょう。詳しく書くことで一度の返信で正確な見積もりをもらい各社を比較することができます。

今回は「6畳の和室の床を畳からフローリングにリフォームしたい。壁や天井はリフォームしない予定。」と記入しました。さらにフローリングのグレードに指定がある方はその旨を記載した方がより正確な見積もりが出てきます。最後に「これらの見積もり金額をお知らせ願います」と書いておけば完璧でしょう。

そして次の画面に進むと相見積もりを取るリフォーム会社を選びます。ここでは全ての会社に見積もりをお願いするよう選択しました。東京23区では信頼できる10社からの見積もりを一括でもらうことができます。

チェックを入れたら、[確認画面へ]進み、[見積もり依頼を申し込む]ボタンを押します。

各社への見積もり依頼が完了しました。

見積もり結果は順次、登録したメールアドレスに届きます。僕の場合は翌日から届き始め1週間くらいで各社出揃いました。

畳からフローリング工事に掛かる費用はいくらか

最後の一枚までは順調に貼れた

ズバリ見積もりの結果から言うと、6畳をフローリングにする費用は17万〜25万までの回答がありました。20万前後が相場ということが分かります。

部屋の間取りや畳の厚さなどの条件によっても工事の手間は変わるので、リフォーム会社からも「17万〜」などの表現が多かったです。施工するフローリングの材質もピンキリなので、より良いものを求めれば金額は上がっていくでしょう。

もちろん僕は安く提示してきた会社にリフォーム内容を確認して問題なければ依頼します。逆にもう一手間掛けられる人は高く提示してきた会社に対して「他に見積もりを出したA社はXX万という見積もりでしたがいかがでしょうか」という返事をしてさらに競わせるのも手ではあります。

DIYで畳からフローリングにしたことがある僕の感覚としては、DIYでやるためには「電動工具や資材など一から全て集めること」「素人なので工事や下調べに時間が掛かる上、完成度はプロほど高くないこと」を考えても意外と時間も労力もお金も掛かるんですよ。電動工具は今後なんども使うならお得になっていく計算ですがそこまで使わないならコストが高い。

それらを考慮すると、リフォーム業者に依頼して「工事を全てやってもらえる手軽さ」「プロ職人で施工精度が高い」というのはコストパフォーマンス的な面でも20万前後なら全然ありだなと思うのです。まあ安いに越したことはないですが、ぼったくり価格ではないことは明白に分かります。

DIYでやるのもリフォーム業社に依頼するのも「労力+時間+掛かる費用」で考えると結局トントンなのです。今回見積もりを取ったような信頼できるリフォーム業社ならば納得のコスト。

ただ、ご存知のとおり部屋の広さや条件によって掛かる費用は変わってきます。自分の部屋がどのぐらいの費用でリフォームできるのか一括見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

みなさんのコメントが励みになります。質問でも感想でもお気軽にコメントください!

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA