【セルフリノベーション】和室の長押(なげし)を撤去

前回、DIYで壁を抜く(2)からの続きです。

壁を抜いている間に後ろで友人の一人がせっせと長押の撤去に取り掛かってくれていました。 長押の撤去開始これがコツを知らないと結構難しい作業でして…。

柱を残して簡易的に和室を洋室にリフォームする人向けにも記録に残しておくことにしました。

スポンサーリンク

原型を留めた和室リノベーションをする

和室をどれだけ改造するか、そのスタンスを以前にセルフリノベーション作業の順序でも少し触れました。

和室を完全な洋室にリノベーションするには真壁(柱が見える壁)を大壁(柱が見えない壁)にしなければなりません。

しかし、大壁にすると今見えている柱の手前に壁ができるので部屋が狭くなってしまう。さらにエアコンやコンセントなども一度外さなければならなく面倒な作業になりそうだと判断しました。

よって、このブログの方針としては和室の原型を留めたまま、できるかぎり洋室っぽくリノベーションする方向で進めます。 なるべく手間もコストもかけたられないので、最低限の作業で洋室の部屋と一体感のある部屋にしていきます。

そんな和室リノベーションで最初に手を付けるのは長押の撤去だ!

長押。これ嫌いです。

何故かというと、長押の裏を覗いてみるとホコリや砂壁のボロボロした積年の汚れが溜まっているんです。 そんなゴミの溜まるものいらないイラナイ。撤去しよう。となりました。

できるだけシンプルに生きたいんです。 しかもこの長押を撤去したことで後々ペイントしたときに、かなり和室感がなくなりました。

では、この長押とは一体なんなのでしょうか?

長押とは?

これが長押 和室に頭ぐらいの位置に横方向に走る木の柱みたいなのありますよね。 賞状とか写真を飾ったり、ハンガーを掛けたりしているアレです。

この長押と呼ばれる木材、現代の和室においては実はただの後付け化粧材なんです。もちろん耐震構造にも全く関係がありません。

この裏側、実は隙間がありまして…築古の家ほどゴミがたくさん溜まっています。挙句の果てには蛾の死骸とか。 隙間が狭すぎて掃除できないこんなのがなぜ家造りに導入されるのか、全く理解できませんので外してしまいます。

長押の構造

長押の構造長押は壁に付いている木材の柱に裏でビスで付けられているだけです。様するに、このビスを抜いてしまえば長押が外れます。

しかし、そんな簡単にはいかないのが世の常です。

長押の外し方

まずは手回しドライバーでビスを抜いてみよう

少し長めの手回しドライバーでビスを回して抜いてみます。 手回しドライバーで長押のビスを回してみるむむ。全然回らない。 長押を止めてあるビス、めちゃくちゃ固いです。

みなさんのお家はもしかしたら手回しドライバーで回せるかもしれませんが、一部屋に何十個もビスがあるので正直現実的ではありません。 ここで、インパクトドライバーの出番です。

インパクトドライバーはDIYには必需品です。

おすすめは電池の劣化が無い上に価格が安い、ACコード式。 充電式のインパクトは使い勝手も良く便利なのですが、リチウムイオン電池には寿命があります。初心者はAC式で十分です。

インパクトドライバーでビスを抜いてみよう

しかしですね、インパクトドライバーでも問題が発生しました。 なんと長押の後ろの空間が狭すぎて、インパクト本体が入らない。 どうするか…

ノコギリで等間隔に切り込みを入れ、長押を室内側にへし折ってからインパクトドライバーでビスを抜く!

ノコギリで長押に30cmぐらいの間隔で切り込みを入れます。 切れ込みを入れた長押をがっちり掴み、室内側に思いっきり引っ張ります。長押の上の部分だけ力で折ってしまいましょう。 長押に切れ目を入れて折った左側だけまだ折っていない状態です。ほかの部分は折りました。折った部分のも下側はまだビスで柱にくっ付いています。
※切り込みを入れるときに、なるべく後ろの柱に傷を付けないようにしておくと、リノベ最終段階で仕上げが綺麗になります。 小さめの小回りの効く手ノコを一つ持っておくと便利です。

長押を折るとビスが丸見えになりインパクトドライバーで抜けるようになりました。 ガンガンへし折って、ガンガンビスを抜いていきます。慣れてきたようだ。 インパクトドライバーで長押を止めているビスを抜く長押撤去作業風景 長押が取れて壁に付いている角材だけになりました。 長押撤去完了 これでゴミが溜まらなくスッキリ! ん?…砂壁が途切れてますね。 長押裏は砂壁が塗られていない なんか、長押の裏は砂壁塗ってないんですよ。

手抜きじゃねーか! !って思って調べたところ、どうも建築業界ではこれが当たり前らしく見えないところどうでもいいそうな(´・ω・`)フーン

のちのち砂壁の上からパテを塗ろうと思っているので、この砂壁が塗ってないところもパテで埋めてフラットに補修していくとします。

次回はいよいよ天井の解体です。
【セルフリノベーション】和室の天井を抜く

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA