ステンレス製郵便ポストにアイアン塗料を塗って再生してみた

20年間雨風にさらされ続けた郵便ポスト。

雨が降ると郵便物がびしょ濡れになるのでずっと再生したいと思っていたんです。

[重要]とか書いてある圧着ハガキが剥がせなくなって本当困ったこともありましたからねえ。

今回はそんなじゃじゃッ子郵便受けをロートアイアンの風合いが出るアイアン塗料でクールな子に仕立て上げる計画です!

スポンサーリンク

今回仕様する塗料、アイアン塗料とは?

今回使ってみるのは、ドイツのシュペンパンザーというメーカーが出している塗料です。

アイアン塗料の名の通り、塗るとなんでも渋いアイアンの風合いが出るという特殊塗料。

カラーバリエーションは以下の7色

・ブラック
・チャコールグレー
・シルバーグレー
・ブロンズグリーン
・モスグリーン
・コッパー
・ダークブルー

どれもカッコイイ色(特にコッパーが良い!)なんですが、今回は定番のブラックを買いました。

空けてみると今まで内装に使ってきた水性塗料と違い、この塗料は油性のためシンナーの臭いがマジで強烈です。

工具資材を揃える

粘度が高くて塗るのに少し癖がありますが、金属に塗る場合でもプライマーなどの下地剤を塗る必要がないのは便利です。

現状シュペンパンザーのアイアン塗料が買えるのは以下の3つの様です。Amazonとかで買えると便利なんですけどねぇ。

追記:他にもターナーから水性のアイアン塗料が出ているのを見つけました。これだったら水性だからそれほど臭くないし扱いやすそうだなーと調べてみたら、メーカーさんのWebページがありました。

アイアンペイント|ターナー株式会社

このページを見るからには仕上がりの質感もわりと良さそうですね。

カラバリもあるし、価格も安いし次はこれも試してみたいなあ。

修復前の郵便ポストの状態

玄関のすぐ横に設置してあります。
支柱部分は地面に埋め込まれているため取れませんが、郵便受け部分は外すことができます。

この画像だけを見る分には結構状態良く見えますよね。そうなんです、ステンレスの部分は綺麗なんですよ。

以下はボックス部分を支柱から外した状態です。

下の方に二つの枠が空いている所は、昔は透明なプラスチックがあって窓になっていました。

しかしプラスチックは紫外線や雨風により劣化するので朽ちて外れてしまったんです。

ここから雨水が入り込み結婚式の招待状なんかもグチャグチャになっちゃたんですよ。

その他のステンレスの部分は経過年数を感じさせないほど綺麗。ステンレスの耐久性に感心しました。

まずは穴の開いた部分を修復

まずは、空いた穴の部分を塞いでいきます。

厚さ2mmの薄ベニヤをカッターで適度な大きさにカットします。2つ切り出しました。

そのベニヤ板を裏側から貼り付けます。

裏側はガムテープで貼り付けるという簡単な仕様!

後にこの部分もアイアン塗料で塗っていくので、テープの境い目なども全て塗膜の下に埋もれ剥がることはない想定です。

塗装方法

塗料自体の粘度が高いためスーッと塗るというより、ボテっと乗せる感じの塗り方になります。

筆は油性用の少し硬めのものを使いました。

厚く塗りってしまうとなっかなか乾かない事態になってうので、なるべく薄く塗ることを心がけます。

塗り方はかなり雑に塗っちゃっても大丈夫です。ボテボテしてるから丁寧に均一に塗ろうと思ってもできるものでもないのが現実ですが。

一度目の塗りでは多少ステンレス部分が出ていても気にしないぐらいの雑さで塗りました。

一度塗り後、二度塗りをして完成です!もちろん二度目も薄くね。

before→after

おお!なかなか良いんじゃないでしょうか。

黒くなってなんだか引き締まりましたね。マッチョな雰囲気。

ベニヤで塞いだ穴の部分もまぁ良しとしましょう。塗料の塗膜によって隙間もふさがってますし想定通りです。

近くで見てみると、本当にアイアンぽい質感。

紙やすりで軽く擦ると本物のアイアンのようにキラキラしたような金属っぽさが出るとのことで、磨いてみました。

単体で見るとかっこいいんですが、家の外壁との素材感が違いすぎて、期待していたより渋い感じにはならなかったかなというのが感想です。コッパーの方が合ったかな…
周囲のものとの素材の統一感は重要だと痛感。

(サイディングの壁って見てくれはホント微妙ですよね…)

次は安いターナーの塗料を使って、電気スイッチのプレートでも塗ろうかなと企んでおります。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA