【各社比較】DIYにおすすめの丸ノコを紹介!後悔しない選び方のポイントを解説

DIY用に使う「丸ノコの選び方」と「おすすめの丸ノコ」を、私の失敗談を交えて紹介していきます。

特に失敗談の部分はぜひ聞いて欲しくて、こんな丸ノコは選んではいけない!という話もしていきます。

初めて自分で丸ノコを買ってから今日まで様々なタイプの丸ノコを買ったり借りたりして使ってきましたが、私も初購入時には選ぶのにかなり迷いました。
だってどれも同じに見えますからね。

「小さい方が取り回しやすくて良さそう。しかも安い!」とか適当な理由で買ってました。
しかし、この安易な決断が見事に安物買いの銭失いになったのでした…w

皆さんは長く使える良い物を選んでください!

スポンサーリンク

ズバリおすすめのDIY用丸ノコはこれだ!

後出しにするのもどうかと思うので先に書くと以下のマキタの丸ノコを買えば間違い無いです。

値段・スペック・耐久性・精度・チップソー(刃)のサイズ・扱いやすさ・信頼性など、DIYで使うことを総合的に考えた結果です。

以下、丸ノコ選びのポイントを私の失敗談とともに解説していきます。

丸ノコを選ぶときに見るポイント

メーカー・ベース素材・チップソーのサイズ(最大切り込みの深さ)・切断のパワー・値段などが選ぶ時に注視するポイントです。

以下で詳しく見ていきます。

メーカー

丸ノコを販売しているメーカーは多数ありますが、その中でも信頼性の面で安心できるのが以下の国内メーカー3社です。

  • マキタ
  • 日立工機
  • リョービ

日本においては、この3社のどれかを使っている人がほとんどです。
それだけ今まで積み重ねてきた実績と信頼があるのでしょう。

今回おすすめした丸ノコもこの3社のDIY向けモデルから選抜しています。

ベース素材

ベースとは切断する材の面を捉える部分で、ベースの素材には「鉄」と「アルミ」があります。

丸ノコのベース

ちなみに鉄ベースとアルミベースは色で見分けがつきます。「鉄は黒」で「アルミはシルバー」です。

私の経験としてはこのベース素材がDIY用の丸ノコを選ぶ上で一番重視するべきポイントではないかと考えています。

何故かというと、初めて買った丸ノコが鉄ベースで後悔することになったからです。

私の丸ノコ購入失敗談

1台目は数ある丸ノコがそれぞれどう違うのかも分からず、
レビューもたくさん付いててAmazonで一番安いということもあり以下の丸ノコ(リョービ MW-46A)を買いました。リョービは大手メーカーなので安心してたんです。

最初の一ヶ月ぐらいは順調に使っていました。

しかしいつからか板の切り口が垂直にならず若干傾斜が付くようになったんです。

なんでじゃー!っとよく見たらなんとベースが曲がっていました。

セルフリノベーション中は友達含め初心者が使っていましたが、そんな酷い扱いはしてない自信があります。

この時初めて気づいたんですね。鉄ベースは柔らかく耐久性的に問題があると。後にAmazonのレビューをよく見ると低評価で同じことを書いている人もいました。

結局アルミベースの丸ノコを買い直しました。これから買う人は絶対にアルミベースの丸ノコを購入するべきです。安物買いの銭失いの典型的なパターンです。

鉄ベースはおすすめできない

この時点でリョービのDIY用ラインナップの3製品はおすすめ選択肢から外れます。全て鉄ベースだからです。

回転数(パワー)

残るマキタと日立工機のDIYモデルの以下2つを比較していきます。

商品ページに行くとマキタは「回転数:5500回転/分」、日立は「回転数:5000回転/分」と書いてあります。

これが意味することはマキタの方がチップソーの回転速度が速く切断のパワーが大きいということです。

パワーがあると木材でも紙を切っているような感覚でスムーズに進んでいきます。

引っかかりも少なくキックバックも起こりにくいです(※適切に使った場合)

ということで、値段の差(800円)こそあれどマキタがおすすめ!

となると、あと考えるべきは丸ノコのサイズ選びだけです。

チップソーのサイズ(最大切り込みの深さ)

メジャーな丸ノコのサイズとしては「147mm」「165mm」「190mm」の3つがあります。

私としては「165mm」が”扱いやすさ”、”切断できる木材のサイズ”、”パワー”、”替刃が豊富”などの面でバランス良くおすすめです。

しかし、一つ注意して見たい点があります。それは「切り込みの深さ」です。

165mmだと通常垂直方向に切断できる厚みは57mmです。それがチップソーを45°に傾け斜め切りをするとき、縦に切れる深さは38mmとなります。

メジャーな素材である45mm角材が一回刃を通しただけでは切断できません。2×4材も厚みが38mmあるので一回で切れるか怪しいです。

まあDIYの用途で45°に傾けて厚みのある材を切ることも滅多にないので165mmで十分だったりしますが。

大は小を兼ねるし上記の欠点が引っかかる人は190mmを選ぶのもありです。ただ190mmの丸ノコは実物を見ると威圧感を感じるぐらいでかいw

私は当初、大きいと「怖い」とか「危険」とか思ってましたけど、自分の力に合ったものを適切に使えばそんなことないです。

むしろ私の経験上では大きいほうがスッと切りやすくて安心できました。キックバックも起こりにくいのではという印象。

値段

各メーカーとも丸ノコのラインナップにはDIY用とプロ用があります。

ボディの色で識別もできるのですが、価格に結構な差があるのですぐに分かります。

DIY用は1万円前後ですが、プロ用は3万〜4万円です。

機能や精度はもちろんプロ用の方がいいですが、DIY用でも十分な性能を持っています。というか私はDIYのための丸ノコで3万ポンッとそうそう出せません…

その他各種機能

角度切り

主要3メーカーであれば、どんな丸ノコにも付いています。

これが通常の90度の状態

丸ノコ90度

こんな感じでベースに角度をつけて固定することができます。

丸ノコ45度

レーザーマーカー・LEDライト・集塵機能

あれば便利だなレベルです。無くても問題ありません。

余談:丸ノコは危険なのか

丸ノコは危ない工具というイメージが強いですよね。現実問題、大怪我に繋がっている実例がいくつもあります。

私も初めての丸ノコを検討している時、「丸ノコは危険。ジグソーの方が安全だ」なんてネット上の口コミを見て初心者だしジグソーで全部カットした方がいいのだろうか…と危険視する声を花瓶に受け止めていました。

結局「ここで使わなきゃいつまでたっても丸ノコは使えないままだろう」と思い思い切って購入し使い始めたんです。

初めは恐る恐る使い始めたんですが、適切な道具を適切な使い方で扱えばそうそう事故が起こることもないなと感じました。

実際、不安定なところで使わないとか切断物の下に刃の引っかかるものを置かないとか基本的なことを守っていたからか一度もキックバックを経験したことがありません。

事前に安全な使い方を学習する意識のある人は思っているほど丸ノコにビビらなくて大丈夫です。

車の運転とかと同じで慣れてきた頃に油断して扱いが雑になるんだと思います(キックバック自体起こしたことがないので推測ですがw

丸ノコの扱い方については以下のサイトが丁寧にまとまっています。

丸のこの使い方・基礎知識|DIY FACTORY

DIYで使うポイントを総合的に見ると「マキタ 165mm M565」がバランスが良くおすすめ

いくつかのポイントを見てきましたが、アルミベースを採用していてパワーがあり、
信頼性も高いマキタの以下の製品が1番のおすすめです!

性能的にも申し分ないですし、値段的にも1万ちょっととコストパフォーマンス抜群です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA