抜いた天井のペイントと塗装をスムーズに進める下準備

前回の家の壁をdiyで塗装する前にベンジャミンムーアのペイントレッスンを受けてきたの続きです。

今回はいよいよ自分の家をペイントします。まずは天井メインで塗っていきます(多少壁も並行して進めています)。

ペイントは部屋の見た目や雰囲気が一変するのでセルフリノベーションの中でもかなり楽しめました。

スポンサーリンク

事前にやっておくと塗装作業がスムーズになる下準備

天井から出ている釘などの突起物をトンカチで潰しておく

我が家の様に天井をぶち抜いた場合に限定されますが、上の階のフローリングを固定している釘などが出ていたりします。

これを潰しておく作業は地味だけど快適に塗るためには結構重要です。塗装を始める前にトンカチで潰しておきます。 我が家でも2階のフローリングに使われている隠し釘がたくさん出ていて多分50個くらいは潰しました。

隙間を塞いでおく

これも天井を抜いた場合限定です。 天井を抜いて高くした場合、以下の画像のような穴ができる可能性があります。

この隙間は2階の間仕切り壁内部の空間に繋がっていたり、遠くたどれば基礎などの外部空間に繋がっていたりしているようで。冷気はもちろん害虫も出てきそうなので塞ぐことにしました。 天井の隙間 1×4材を買ってきてカットしビスで固定。適当に塞ぎます。 1×4材で天井の隙間を塞ぐ それでも塞ぎきれない細かな隙間はジョイントコークで埋めます。 この時点では木材の色の違いが目立ちますが、ペイントすれば色は周りと同じになるので気にしません。 細かな隙間はジョイントコークで埋める

塗料が付いて欲しくない箇所へのマスキング

我が家の場合、壁も天井も白一色にする予定なので天井塗装においてはマスキングが必要なのは壁に付けたマリンランプくらいでした。

フローリングを汚したくない方は床の養生は必須です。

木材のヤニ止めシーラーを塗っておく

ペイント後に木材のヤニを出るのを抑えるためシーラーを塗っておきます。

シーラーにどれほどヤニ止めの効果があるのか今の時点で正直分かりませんが、やっておくに越したことはないと思い塗ることに。

ちなみ木材に直接ペンキを塗った場合、ヤニが出ると黄色っぽくペンキ本来の色がくすむ様です。 天井の木材にシーラーを塗る 透明なので塗っていても達成感は・・全くありません!

塗装開始

うちの場合は壁も天井も白で塗ることにしました。

理由は単純、日当たりの悪いコノ部屋を明るくしたかったから。でもいつかは奇抜な色で塗ってみたい憧れはありますよね。飽きたらカラーチェンジも有りだと思ってます。

塗装道具は基本シーラーを塗る時と同じです。

初日

ではスタート!まず角を刷毛で塗り始めます。 天井塗り始め その後、広い面はローラーで塗っていきます。でも最後の方は面倒くさくなって刷毛を使わずにローラーのみで角も塗っていきましたwローラーで塗装 他も手分けしてガンガン塗っていきます。 手分けして天井塗装 脚立は二つしかないので二人での塗装が限界ですが、延長棒にローラーを繋いで使えば脚立がなくても塗ることはできます。

うちは脚立のみで黙々と塗り塗り。 塗装で気を付けるのは、塗った後液だれしないようにすることです。

液ダレするとその部分だけ塗料が厚くなって固まり痕が残ります。 ローラーはペンキが垂れないぐらいまでネットで濾してから塗ります。

塗り方は満遍なく広げる感じです。結構適当にやっても二度塗りさえすれば意外ときれいに仕上がります。 レールがあるので塗装が大変 天井塗装中 昼頃から塗り始めたのですが、思っていたよりも進みが遅い。

これは天井を表しにしたことで、根太や梁で凹凸が多いことが原因。真っ平らな天井より塗る面積が格段に多いんです。

さらにずっと首と腕を挙げて作業するのが結構しんどい。 天井の塗装だけで3日間ぐらいは要しそう。 和室天井塗装中 もう日が暮れてきました。首がつらい・・!手と首を上げ続けての天井塗装はシンドイ 金具や木材繋ぎ目など細く刷毛でも塗れないところは同じ艶消し白のスプレーで吹きます。 細かい部分はスプレーで塗る 塗装初日は和室側のみで終了です。しかもまだ1度塗りで塗りムラがすごい。

それでも塗った区画は良い雰囲気出てきてます。 和室天井塗装後

2日目

2日目から洋室側の天井も塗っていきます! 二日目から洋室天井を塗っていく 2日目も細かい箇所は先に刷毛で。 2日目。洋室天井を塗り始める 「ここどうすんのー?」なんて話しながら常に手探りで進めていました。 みんなで塗り塗り 配管に巻いたダクトテープの上からも艶消し白で塗ります。 テカテカしたビニールの素材感もなくなり良い感じです。 配管も塗装 配管塗装後 2日目も日が暮れてまいりました。あと一息で天井全面1度塗りが終わりです。 あと少しで一度塗り完了

天井塗装に2度塗りは必要か?

木に白のペイントをすると一度塗りではまだまだムラが残っていました。 と言うことでもう1日費やして天井の2度塗りをしました。

その結果ムラはかなり消えて割と完成度の高い白の天井に。

しかし、正直表しの天井を塗装するのにこんなに労力が要るなんて予想外でした。実際、セルフリノベーションする人の中には、天井の塗装が大変でムラはあるけど1回塗りだけで終わらせちゃう(諦めちゃう?)人もいるらしいです。天井って意外と見ませんからねぇ。

几帳面な私としてはムラがほぼ消えたし2度塗りして良かったなと言うのが感想です。大変だったけど。 私は二度塗りをお勧めします。住み始めると容易に塗装できませんからね。やるなら今のうちです。

3日間かけて天井2度塗りまで終えました

■和室側 和室天井塗装前塗装後。和室側 ■洋室側 洋室天井塗装前塗装後。洋室がわ 天井を塗り終えると劇的に部屋が生まれ変わります。部屋として完成されてきた感じがして本当に嬉しい。

セルフリノベを始めた当初に想像していたより塗装した表しの天井が本当にかっこ良くなってくれました。

雰囲気が変わるのは当たり前ですが。何というか、空気感さえも変わってきます。まるで部屋に命を吹き込んでいるかの様です。それほどペイントは劇的な変化を得られます。

今回使った塗料はこちら。 F☆☆☆☆と言う環境規格を満たしているのでコレにしました。このリノベが終われば赤ちゃんがやってきますので安全性も気にしてます。 水で薄めて使いますが10畳ちょいの部屋で一缶で足りました。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA