抜いた天井裏の壁を石膏ボードで塞ぐ

前回のふかし壁を作るからの続きです。

今回は前回までに作った新たな壁の下地に石膏ボードやベニヤ板を張って塞いでいきます。

スポンサーリンク

塞ぐ壁の形

塞ぐ壁の型 今から塞ぐ壁の形を白線でなぞってみました。天井をぶち抜いて構造を表しにしたことによって壁面の仕上がりには凹凸が… 要するに石膏ボードをこのデコボコした型に切り抜いていく必要が出てきます。

この画像の場所はほんの一箇所に過ぎなくて型の違う凹凸が部屋を囲う壁の全面にあります。

壁の型を測定

天井の梁や根太の間の距離を測定しながら、メモ帳に必要なボードの型とサイズを書き起こしました。 正直この測定が本当に大変でした。

天井のオウトツか多いので何百か所メジャーを当てただろうか。 さらには全箇所脚立に乗っての測定。友達と一緒にやらなかったら心が折れていたことでしょう。

どのくらいのサイズのボードを何枚切り出せばいいか大雑把に計算して、必要な数の石膏ボードを買いに行きます。

石膏ボードは1枚が910×1820mmです。大きいのでホームセンターの貸し出しトラックで家まで運んできました。

厚みは12.5mmと9.5mmがあります。場面によりますが、壁には12.5mmを使うのが定番です。(9.5mmは天井に使うことが多い)

まずメモ帳に書き起こした型を石膏ボードに鉛筆で下書きしました。

寸法測定や墨出しは地道で集中力のいる作業で結構大変。重要な作業なんですよね。

カッターで切り出してみる

DSCF2284 最初は私もカッターで切ってました。ネット上の情報では定規になる物を当ててカッターで切れ込みを入れて折ればいいとあったからです。 プロでもカッターでやっている方も居るようです。

できるにはできるんですが…これが意外と時間も力も掛かる(私のスキルが無いのが問題)。1度刃を通しただけでは全然切れないので、何度も切りつけることが必要でした。

うちの場合はカットする枚数が多く、形も直線が少ないので。本当に効率が悪かった。

これは文明の利器に頼るしかない。

丸ノコを使って切り出す

石膏ボードを丸ノコで切断 丸ノコの替え刃で石膏ボード切断用の刃が売っているのを見つけました。カッターがあまりにも効率が悪かったので試しに買ってみる。

キレイ、楽、早い、最高!

ただ、丸ノコで切ると石膏ボードの粉塵が飛ぶのがデメリットでしょうか。見ての通り部屋が真っ白。まぁ今の状態の部屋ならいくら汚れてもいいのです。 切り出した石膏ボード壁の型に沿って石膏ボードを切り出していきます。

丸ノコで切ってるので楽ですが、やはり部屋の周囲の壁全部をジグザグ切っていくとなると時間が掛かります。

切り出したボードを壁に仮当てしてみる

石膏ボード仮当て 仮当てしてみると、これが上手いこと収まらないんですね。(測定が雑だったんでしょう。

石膏ボード用ヤスリでずりずり削って何度も調整して確実に当てはめていきます。このヤスリ最初は要らないかと思いきやかなりの大活躍でした。

サイズを整えて当てはめても石膏ボードと天井との間に隙間が空く箇所出てきたりします。が、1cm以内ならシーリング材で埋めればなんとかなるとの事で良しとします。 石膏ボードヤスリで整える

ボードとボードの繋ぎ目になる箇所をカンナで45度の面取りする

石膏ボードカンナで面取り ボードの仮当てで上手く当てはまることが確認できたら、石膏ボードカンナというものでカンナというものでボードとボードの繋ぎ目(溝)になる箇所を45度に面取りします。

後々、この面取りをしていないと繋ぎ目にヒビが入ったりするみたいですね。

石膏ボードを壁に固定する

仮当てでバッチリハマったボードをインパクトドライバーを使って石膏ボードビスで固定していきます。

この時抜いた天井裏の壁を作る(下地編)その2で壁の高さ調整のために貼ったスペーサーの上にだけビスを打ってボードを固定します。スペーサーがない部分はボードの後ろに空間があるのでそこをビスで締めてしまうとせっかく切り出したボードが割てしまう為です。 石膏ボード取り付けで壁を塞ぐ 石膏ボードビスはビスの頭が幅広かつ平で薄いのでボードが止まりやすい。またちょっとザラザラしていて後々ビスを打った場所をパテ処理する時にパテのノリが良さそう。

石膏ボードビスの打ち方 石膏ボードビスを打ち方は、ネジ頭がボードにめり込み過ぎない位置で止める。

めり込み過ぎてもボードが割れる原因になるし、締めが浅くてボードの面よりネジ山が出っ張っても上手くパテ処理できなくなってしまいます。

石膏ボードをはめる厚みのない壁は薄ベニヤで対応

薄ベニヤを貼る壁 石膏ボードをはめる厚み(9.5mm)のない壁は薄ベニヤ(厚み0.3mm)を貼ります。

薄ベニヤはヤスリで容易くサイズを調整できないので石膏ボードより少し切断や微調整の加工が大変です。 薄ベニヤを壁の形に切り出す スペーサーでレベル調整した箇所にビスを打って貼っていきます。今回のリノベでは2ヶ所ほど薄ベニヤを石膏ボードの代わりに使いました。 薄ベニヤを貼った壁 薄ベニヤを貼った壁2

ほぼすべての壁が塞がる

工事現場から一転、一気に漂う部屋感。 石膏ボードを壁に貼り終えた様子 ふかし壁に石膏ボードを張った様子 壁が塞がった部屋の全体像 壁が塞がった部屋の全体像(和室) 解体以降、部屋の景色にあまり変化の無い地味な作業が続いていましたが、今回は見た目の変化は大きくセルフリノベのモチベーションが大きく上がりました。

出来上がっていく部屋の形が見えてくると嬉しいもんです。一部閉じていない壁は電気配線の関係で開けています。

次回は今回貼った石膏ボードの繋ぎ目を埋めていきます。
石膏ボードのつなぎ目処理

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA