パーゴラ屋根の取り付け方法

前回、基礎と柱を建てたので今回はパーゴラの屋根を取り付けていきます。今までの進行状況は以下の画像まで。

屋根部分に関しては両サイドだけ取り付けられている状態です。

スポンサーリンク

パーゴラ屋根の取り付け手順

屋根の取り付け手順を書いていきます。といっても作業工程はそこまで多くありません。

L型アングルの取り付け

パーゴラの屋根をどのくらいの間隔で取り付けたいかを先に決めておきます。

間隔が決まったら全体の幅から何本取り付けるのかを計算して、木材を用意しましょう。屋根柱の間隔は特に決まりはなく完全に好みでOKです。

詳しい数値は忘れてしまいましたが、今回は各間隔が20cmぐらい。全部で31本の木材を屋根に取り付けます。

20cmごとに鉛筆で印をつけてからL型アングルをインパクトドライバーとビスで取り付けていく。

全幅分付け終わった状態がこちら

※防腐剤をアングル取り付け部分だけ先に塗っているので色むらが出ていますが、後々全体にも塗ります。

屋根材のカット

アングルを付け終わったら、次に屋根材のサイズを揃えるため丸ノコで木材をカットしていきます。

初めてスライド丸ノコを使いましたが、精度的にも手軽さ的にも最高!安全面でも手持ち丸ノコより良いですね。うちにも一つ欲しくなりました…

全て同じサイズにカットした材を量産していきます。先っちょをカットしてデザイン的に見た目も良い設計。

これだけの量を斜めにカットするのは手間ですが、この一手間が完成した時の見栄えが違うんです。

後方はちょっぴりカット。前と後ろでカット角度を変えています。

角度については完全に感性で決めてます。現場で「これぐらいがいいんじゃない?」と感覚で決めた角度。

一つ角度を決めたら、他の材も同じ角度で切っていきます。一番最初にカットした端材を当てて線を引けば同じ角度の材が量産できますからね。

屋根材の角をカンナで面取り

屋根なので面取りしなくても問題なさそうですが、一応子供が遊ぶ場所なので(登るヤンチャっ子が出てくると想定)カンナと紙ヤスリで角を面取りしておきました。

カンナは一本の材につき角の4箇所を一回だけ流しました。その後仕上げに180番のサンドペーパーをさらっと掛ける。

今回使う木材は、基礎に建てた柱も含めて全てカンナで面取りをしています。

屋根を取り付ける

先に取り付けておいたL型アングルに先ほどカットした材をインパクトドライバーで固定していきますよー!

パーゴラの形になってきました。カットなどの作業より、取り付けて形になるこの瞬間が一番楽しい!

しかし、取り付け中なぜか屋根が斜めになってる箇所が出てきたりして難航した時間もありました。

アングルの感覚もしっかり計算して、全て計画通りやっているにも関わらず何故か上手くいかない時があるんですよね。

それは木材の反りや捻じれ・基礎部分のちょっとした傾きなど、自然を相手にしているのでよくあること。現場で補正・修正するに限るんです。

今回の原因はまだ強度のない小屋自体が少々傾いているためでした。そのため上の画像では小屋の傾きを強制するための支柱を柱に取り付けています。これは後々全ての材が取り付けられてから外されます。

その後は順調に進み取り付けも終盤。上からの眺めも美しい

取り付け完了!前面に向かって開く屋根の傾斜が良い立体感を出してます。

取り付けは前方の先端が揃うように数値を測って設置しました。が、見るからに飛び出しているものや引っ込んでいるものも。微妙にですがデコボコしてしまった。

最終的には目視や板を当てて先端を揃えて綺麗に修正しました。

先ほども話しましたが、測定した数値通り作っていても現場では計画通りいかないことも多々あります。最後は人の感覚で調整するべきだとプロの職人さんも仰っていました!

ここまでの全体像が以下。おおぉぉお、立派だ!先端を角度付けてカットしたことで優しさというかマイルド感が出ましたよね。

前列を高くして屋根全体に角度を出したのも個人的には見栄えが良くなったと思っています。そこらの公園のパーゴラとはちょっと違うぞ感。

これでパーゴラ部分は完成です。ここまで作っただけでも正直達成感あるんですが、次回は小屋の下地部分を作っていきます

他の工程は小屋&パーゴラ建てシリーズの記事まとめからどうぞ。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA