セルフリノベーションでは「失敗してもいいや」という軽いノリが重要

洋室天井の構造

私がセルフリノベーションを始めた当時、一つの心配事がありました。

それは「自分で作業して失敗したらどうしよう…」ということです。その道の職業についていない素人であれば当然のように持つ感情だと思います。

しかし、この心配を克服せずリノベーションを始めていたら自分の理想とはかけ離れた中途半端な部屋になっていたでしょう。

失敗を恐れていると思い切った作業ができなく、壁や天井の解体または畳からフローリングにするなど大規模な行動が起こせなくなってしまうからです。

ここではどうやってその心配を拭い、思い切り良くセルフリノベーションに取り掛かれるかについて自分の経験も踏まえて書いてみます。

スポンサーリンク

失敗したらその時はプロに任せれば良いだけの話。ガンガン攻めよう!

鴨居切断

作業を始めてから解体した箇所を戻せなくなったり、どう作り直せばいいか分からないと後で気付くこともあるかもしれません。

でも、ダメだったらその時はその道のプロに任せれば良いだけなんです。

家をいじるなんてやったことない人がほとんどです。分からなくて当たり前だし、失敗を恐れていたら何もできなくなってしまいます。

私も何故か失敗を極度に恐れていたんですが、それは全てを自分でやることに縛っていたからだったんです。

よく考えてみたら失敗自体は大したことじゃないんです。解体や作るのに失敗したって詳しい人に少し任せれば直せるし、そこからリカバリーする手段はいくらでもあるんですよね。

不安より好奇心を優先した

手分けして天井塗装

私の場合、解体用のバールをポチってAmazonから届いてしまい後には引けない状況になり、いざ壁をぶち抜く直前に「もしダメだった場合も少しお金を払えばプロがカバーしてくれるし、まぁいっか!」と思ったところからフッと心につっかえていたものが取れ吹っ切れました。

自分だけでできたら儲けもん!それぐらい心に余裕を持ってDIYを楽しめると最高です。

失敗した時プロにお願いするんだったら最初から任せれば良いなんて言う人もいるかもしれませんが、それは違います。

自分で住まいを作り上げることや住宅の構造を学ぶことに興味があって、自分でやりたいんだからしょうがない。不安だから任せっきりにするより自分で経験したい好奇心の方が勝ってるんです。

自分の住まいを自分で作りたい欲求は割と自然なことだと思っています。

「ダメだったらプロの業者さんに頼めば良いや」という後ろ盾が大胆にセルフリノベーションをする行動力を与えてくれました!

職人の技術を少しでも自分のものに。レクチャーを受けよう

ドア枠下部を切る

思い切りの良さが出てからは、理想の部屋を求めて妥協せず部屋をいじっています。壁も天井も解体して壁を作り、ペイントから無垢フローリング貼りもやりました。

その結果どうすればいいのか分からない箇所も当然のように出てきました。

実際、作り方、直し方がわからないところはプロの大工さんに依頼して(もちろんお金を払って)手伝ってもらったんです。

しかし、全て大工さんにやってもらうというスタンスではなく、レクチャーしてもらいながら一緒に作業して私の技術の一部となるようにしました。なので「やってもらった」という感覚はありません。

そうすることにより自分でやりたいという欲求も満たせました。

コストを抑えたいなら一括見積もりが最適

見積もりぐらいなら簡単に取れるので、失敗した・もしくは業者に任せたらどのくらいコストが掛かるもんなのか知りたい場合に最適です。

セルフリノベーションをやってみたいけど、最初の一歩が踏み出せない方は多いと思います。そんな方にとってもこんな値段でやってくれるのかと知っておくと心強いんですよね。

おすすめは無料で複数社の見積もり比較してくれるオウチーノリフォームというサービスです。匿名で見積もりを取れるので気軽にやってみると良いと思います。

私も電動工具なんて全く触ったことがない状況から始めました。

それほどハードルを上げずに「できなかったらプロに任せれば良いやー」とか「DIYを楽しめればそれで良いよね」というスタンスで始めてみてはどうでしょう?

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA