汚れたソファーをカバーの着せ替えでイメチェンしたら部屋の雰囲気まで変わった話

アイボリー色のIKEAのKLOVOというソファーをかれこれ7年ぐらい使っているのですが、子供が泥んこの手で触るのもあってかなり汚れてきました。

汚れてきたとは言え、機能的にはまだまだ使えるので買い換えるのが勿体無い。そこでソファーカバーを使って蘇らせてみることにしました。

使えるソファーを捨てるのは勿体無い。ソファーカバーで部屋の雰囲気を変えたい。という方には参考になると思います!我が家は白を基調とした部屋なので、ソファーの色が変わることで部屋の雰囲気がどれだけ変化するのかも見て行きます。

スポンサーリンク

カバーを付ける前の状態

ちょっと離れた画像なんで見えにくいかもしれませんが、結構汚れています。

カラー的に言うと、部屋のテイストとアイボリーは合っているんですが。ただちょっとツマらないというか、「The・無難」なんですよね。もうこの部屋で3年も過ごしているのでビビットなカラーが欲しくなってきてます。

そこで今回はハッキリした色のソファーカバーを買ってみることにしました。

今回購入したソファーカバー

ソファーカバーといえど色々あります。

今回の希望条件としては、「質は高望みしないので安いもの」・「希望のカラーがあるか」の2つを考慮して探しました。

今使っているIKEAのソファー自体、12,000円ぐらいで買ったものなので1万近くするソファーカバーなら新しいソファーを買った方がお得感ありますからね。4000円以内ぐらいには抑えたいところ。

いろんな商品を見比べたところ、以下のカバーを買うことにしました。

このソファーカバー素材にはタオル地・ジャガード生地・ワッフル生地・消臭ニット生地・撥水加工生地など色々なグレードがあるのですが、消臭ニット生地がカラーバリエーション豊富で質的にも価格的にもかなり良い線行ってます。

今回は思い切ってマリンブルーっぽい色を購入しました!

カバーの取り付け

先に行っておくとわりと簡単です。所要時間は3分ぐらい。

カバーと一緒に黒いスポンジ状の棒みたいな物が付属しているのでカバーの裏側にある紐に黒い棒を結びます。

ソファーの背もたれ側からカバーを被せて、さっき裏側に結んだ黒い棒をソファー座面の隙間に埋め込みます。

カバーを付けたことで別のソファーに生まれ変わった!

まずビフォアから。

↓アフター

正直届いて取り付けるまでブルーはどうかなー?とドキドキしていたのですが、結果的に自分では気に入ってます!ソファーの色が変わるだけで部屋の雰囲気も明るくイキイキした印象に変わりました。

しかし、特定のソファー専用のカバーではないためにイマイチな点も出てきます。

以下はソファーの後ろ側の写真ですが、この部分は様々な形のソファーの高さに対応するためカバーが余るようにできています。仕様ですがダルダルです。壁に背もたれをくっ付けて使うなら全く気にしなくて良いんですが部屋の中央にソファーを置く場合、見た目が悪くてまずオススメできません。

他には背もたれと肘掛けの部分にシワが出たり。

つなぎ目の部分はぴっちりとは行きません。

それでも、想像していたより綺麗に収まってくれたなという印象。これだけフィットしてくれれば満足です。

消臭ニット生地の素材感は近くで見ると以下のような感じ。触り心地も柔らかく全く文句ありません。

やっぱり鮮やかな色を入れると空間が締まります。

鮮やかなカラーは諸刃の剣

マリンブルーの色をソファーに採用して感じたことは、「鮮やかな色を入れる場合、部屋がごちゃごちゃしてるとしっくり来なくなる」と言うことです。これインテリアを考える上で結構重要なことで、私としても今回で勉強になりました。

どういうことかと言うと。実際見てもらった方が早いので以下の子供のおもちゃが散乱しているシーンを見てください。

空間がシンプルにできない場合、ソファーのブルーでさえごちゃごちゃの一部になってしまい、うるさく感じます。(画像で見るとそこまででもないな…)

ブルーに比べてアイボリーの場合は、壁の色と同じと言うこともありソファーが部屋の一部として同調しています。その結果、部屋が散らかっていたり統一性のない色があってもブルーよりかは部屋がごちゃごちゃした印象を和らげることができています。

感じたことは、鮮やかなカラーの家具は部屋が整っているのであればそれ単体で強い印象を発揮してインテリア性も高いのですが、片付いてなかったり部屋に色の統一性が無い場合には鮮やかなカラーもごちゃごちゃの一部になってマイナスにしてしまう諸刃の剣と言うことです。これはレッドやイエローにも同じことが言えると思います。

カラーを使う難易度思ったより高いのかも。

失敗しないカラーとしてはアイボリー、ブラウン、モスグリーンなどのアースカラーは何にでも合わせやすいですね。ブラックは今まで見てきた限りでは意外と難しい色だと思ってます。

ソファーカバーは手軽に部屋の雰囲気を変えられる道具

実際に感じた色の印象について書いてきましたが、それだけソファーカバー1つで部屋の印象を変えられる影響力があるんですよね。値段も手頃なので、春夏秋冬でカラーを変えて楽しむのも有りだなあと感じました。

使えるけど汚れてきたソファーを所持しているという方、カバーで蘇らせてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA