【セルフリノベーション】和室の天井を抜く

和室天井作業前 前回の記事、【セルフリノベーション】和室の長押(なげし)を撤去からの続きです。

今回はいよいよリノベーションの王道、天井を解体していきます。

天井裏がどうなっているのか。この家の隠れたクオリティを見るのが本当に楽しみでした。どんな梁が出てくるかなと。

スポンサーリンク

和室の天井は薄いベニヤ板でできている

和室ラミネート天井ほとんどの和室の天井はラミネート天井(通称:ラミ天)というものでできています。

和室天井のあの木目、木目模様を印刷したシートを合板の表面に貼った物です。建具の扉やプリント合板のフローリングと同じで無垢の木材ではないので表面にキズが付くと中の違う色の木肌が見えて結構見苦しいものになります。

私は木目柄プリントってどうしても好きになれなくて、ずっと和室の天井をペイントするか抜くかしたいなと思っていました。 本物ではないそれに似せたものってどうしてもチープになってしまいます。だったら最初から表面に化粧板の貼ってないただの合板のままで施工してほしいぐらいです。

和室の天井の解体方法

天井の解体作業

それでは解体していきます。

っと、その前に天井の照明を外します。 その後は特に難しいことなし。思い切りが大切。ガッといきます。 和室天井解体開始 こんな感じのペラペラのベニヤ板です。 最初の一手は、天井を構成しているベニヤとベニヤの溝の間にバールを無理やり入れてパキパキっと抉じ開け剥がしていきました。 バールでこじ開けた端っこは釘で止められている為、くっついたままなので適当なところで折りました。

和室天井解体風景築20年ですが、天井裏に思ったほどホコリが積もってなかったのが以外でした。

それでも他の部屋をしっかり塞いでおかないと生活部屋がザラザラで大変なことになります。 イメージではほこりがドサッと降ってきて光芒ができると思ってた。笑

こ、これはっ…予想よりだいぶ天井が高くなる! 天井が高くなる タマランネ。この天井表しの根太と梁。すごくいいよ!かっこいい。 本当天井取っ払ってよかった。

ちなみに画像右側の引っ掛けシーリングのソケットは安全の為まだ電気配線から外さないようにしています。 これは後ほど、天井裏から出てくる全電気配線整理とともに電気工事士の方に処理してもらいます。

なんと、天井が50cmも高くなる

当初の天井の高さ240cmから50cm高くなり、290cmになりました。

天井壊して数センチしか上がらなかったらどうしようとビクビクしていたのですが、予想よりも高くなってくれました。さらに立派な梁も見え始めました。

こういう意匠こそリノベーションの醍醐味ですね。実際、これだけ天井高くなると体感する開放感が違います。 どれだけ変化があったか全体像を見てみます。 和室天井作業前和室天井解体後 まだ配線やら木材でごちゃごちゃしてるので写真で見るとあんまりですね。解体してる本人たちは結構盛り上がっているんですよ。

和室天井の構造

和室天井の構造 上の画像を見てもらうと分かりますが、細い角材を天井の梁から逆T字型に吊っていて、その角材の下面に薄いベニヤの天井板を固定しています。

この吊られている角材は洋室天井の解体とともに撤去する予定。 和筆天井の構造2 なぜこれだけ豊富に天井裏の空間が確保されていたかというと、思いつくだけで以下の理由があります。

・電気配線や配管など見苦しいとされるものを隠すため
・遮音のため
・断熱のため

電気配線の見た目はどうにかできますが、遮音や断熱といった機能の面はやはりデメリットなるでしょうね。 天井が高くなる分シーリングファンを設置して空気を対流させようと思っています。

 ゴミの量

約5畳の和室の解体だけで、ガラ袋5枚と天井板のゴミがでました。壁と天井含めてです。 和室天井解体で出たガレキ 次回は向こう側、洋室の天井を抜いていきます。 和室のみ天井が抜かれた光景【セルフリノベーション】洋室の天井を抜く&壁の柱を撤去

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA