家具を好きなカラーに塗り替えよう!IKEAの黒いチェストを白くペイントしてみた

一人暮らしを始めるときに買ったIKEAのMALMというブラックのチェスト。

部屋の壁をオフホワイトのペンキで塗装したので、今の部屋に置くと黒すぎて浮いてしまうんですよ。そこで家具も白ペンキで塗り替えてしまう事にしました。この記事では実際行った手順と過程について書いてみますね。

スポンサーリンク

プリント合板など表面の素材がツルツルしている場合にはまずプライマーを塗る

元のチェストの状態は以下のようなブラックカラー。

裏側はまあ見えない部分なのでこんな感じ。合板むき出しです。

このMALMというチェストについてIKEAのサイトを確認すると、表面はアッシュ材の突き板にアクリルラッカー塗料で仕上げられているようです。

表面のアクリルラッカーにはペンキが乗るのか分からないので、とりあえずプライマーを塗っておきました。

もし家具の材が無垢の木である場合、プライマーを塗る必要はありません。まあ個人的には無垢の木で出来た家具はどんな雰囲気にも合うのでペイントする必要性を感じませんが。。。

※補足

表面が木目調のプリント合板などのツルツルした素材には、そのまま塗ると乾いた後にペンキがボロボロ剥がれてしまいます。ではどうすれば塗れるようになるかというと、プライマーという塗料をペンキの前に塗っておきます。そうすることでツルツルした面とペンキをつなぐ役割を果たすんですね。

なのでプライマーとして便利なミッチャクロンを一通り塗っておきました。

関連記事: プリント合板の上から塗装するならプライマーはミッチャクロンが良い感じ

プライマーを塗り終えたらペンキを塗ろう

ミッチャクロンを塗り終えたらペンキを塗っていきます。

今回使ったペンキは部屋の壁を塗った時のものと同じノボクリーンを使いました。安価だし安全でコストパフォーマンスの良い業務用ペンキです。

けど家具だけ塗りたい人はこんなに量は要らないはず。

ペンキに関してはコレじゃないとだめ。というのは全くないので好きな色やブランドのを使うと良いんですが、バターミルクペイントなんかは家具を塗る時の塗料として人気ですね。

カラーバリエーションも豊富なので派手なカラーを使っても面白い!迷ったらこれを選んでおけば間違い無しです。

他にも以下の記事でペンキのおすすめについて書いてるので参考にしてみて下さい。

関連記事:DIYにおすすめの安全で質の高い室内用ペンキ8選

実は最初ラッカースプレーで吹き付けて塗装しようと買ってきたんですが、あまりにも効率が悪くてペンキの使用に切り替えました。ローラーで塗った方が断然早い!

一通り塗り終えたのがこちら。輝いてる…!笑

一度塗りだと、チェストの黒が透けて見えていたので一度塗りが乾いた後、二度塗りをしています。

二度塗りすることで塗りムラも無くなりますからね。どこを塗るにも大抵ペンキは二度塗り必須です。

とりあえず見えるとこだけ塗れば良いので中は塗らず。

裏側は壁に付けるので見えなくなるのですが、一応塗っときました。

スポンサーリンク

ウレタンニスでコーティングしよう

2時間ぐらい置いてペンキが乾いたら、ペンキ塗装の上から刷毛でクリアカラーのウレタンニスを塗っていきます。チェストの上に乗っかってるやつです。

なぜウレタンニスを塗るかというと、マットなカラーのペンキ塗装のまま使うと汚れやすいんですよ。特に天板にホコリや汚れがつきやすい。艶ありカラーのペンキであれば拭き掃除もしやすいんですけどね。つや消しマットは拭き掃除しづらいのが弱点。

そこでニスで表面にコーティングの層を作ってあげれば、白でも汚れを弾いてくれるので安心して使用できます。ペンキが禿げる心配もないので濡れ雑巾で拭き掃除もしやすい。いろいろと耐久性の面でメリットがあります。

そしてニスが乾けば完成です。プライマー→ペンキ→ウレタンニスの3段階で塗るのが基本になります。

引き出しも同じようにペイントする

続いて引き出し部分も同じようにミッチャクロン→ペンキ→ウレタンニスと塗っていきます。

やっぱり一度塗りだとムラムラですね。元のブラックカラーが透けて見えます。

ということで、こちらもその後二度塗りしました。その後にウレタンニスを塗って仕上げ!

ペイント完了、部屋に設置しました!

全部塗り終えて部屋に設置した様子がこちら。

わりと部屋に馴染んだのではないでしょうか…!

至近距離で見ると多少の塗りムラもありますが、以下の距離ぐらいであれば天板も側面も仕上がりは良好です。うちに遊びに来た友達もペイントしたものと気付かなかったので、元から白い家具だと思ったのでしょう。これは地味に嬉しいポイント。

ちなみに息子の指挟み防止にベビーガードも付けました。

真鍮やアイアンの取っ手を付けてみてもかっこ良くなりそうです。息子が小さいうちはぶら下がったり体重かけてデストロイする地獄絵図が想像できるのでやりませんけどね!

今回は満足したのでここで終了。

家具を塗り替えるのに使ったもの

同じ方法で室内ドアもカラーチェンジしました!

同じ様にツルツルした化粧合板が使われていることの多いドア。

よくある焦げ茶色のドアにペンキを塗るだけで…あら不思議!!!まるで新しく買ったドアの用に雰囲気も生まれ変わりました!!

次はキッチンにカウンターテーブルを簡単DIYした話

天板を買ってきてメンテナンスオイルを塗って棚に乗せるだけ。椅子や照明などの見せ方次第でおしゃれなバーカウンターのようなテーブルが作れちゃいます!

YouTubeでも更新中

99% DIYのYouTubeチャンネルができました!
チャンネル登録してもらえるとめちゃくちゃ嬉しいです。

関連記事

コメント一覧

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. by HAL

    はじめまして。

    ミッチャクロンで検索して記事を拝見しました。
    私もミッチャクロン→ミルクペイント→水性ウレタンで家具をペイントする予定です。
    塗られてから数カ月だと思いますが、その後の持ちはどうですか?
    あと、軽い水拭きなら出来ますか?

    • by Suke

      HALさん、こんにちは!
      記事の日付は更新日時なので、この記事を書いてから既に丸4年経っています。
      で、その後ですが塗装面なども含めて全く変化なく4年経った今も使えていますし、塗装剥がれなどもありません。観葉植物に水やりの際こぼしたり、水拭きも何度もしてますが全然大丈夫です。
      やはり水性ウレタンニスのコーティングが有ると無いとでかなり違う実感です。

  2. by HAL

    ご返信ありがとうございます!
    4年経っていたのですね。
    水拭きもしたいので、リンク先の和信ペイント水性ウレタンニスを購入してみます。
    とても参考になりました。
    感謝です!

  3. by たまご

    はじめまして、ミッチャクロンですが、よくあるつるつるした床にも使用可能でしょうか?!

LEAVE A REPLY TO HAL CANCEL REPLY

*