部屋の広い範囲をローコストでペイントしたいなら業務用塗料「ノボクリーン(艶消し白)」がおすすめ

ノボクリーン一斗缶

我が家の内装はペンキ仕上げですが、購入前にペンキについて猛烈に調べていた時期がありました。

その時の経験と実際ペイントした様子を踏まえて塗料について書いていきます。

ペンキのブランドってざっと調べただけで、
PORTER’S PAINTS、FARROW&BALL、ベンジャミンムーア、COLORWORKS、J COLOUR、バターミルクペイント、イマジンウォールペイントなどなど素敵な塗料があります。

しかし、ブランド物のペンキは意外と高いんですよね(それでもペンキ仕上げは漆喰や珪藻土と比べると低コストですけど)

そこでもっとコストパフォーマンスの良いものを探していたら見つけたのが「ノボクリーン」という業務用塗料です。大日本塗料というメーカーが出してます。

最終的にこのノボクリーンを採用し部屋にペイントしたので使った感想とそれまでに調べたことを書いていきます。

スポンサーリンク

安いから広い範囲を塗装するのに最適

我が家の内装は天井も壁も全てノボクリーンで白く塗りました。

セルフリノベーション完成(洋室側)

使った部屋は12畳(床面積約22平米)ぐらいですが、全て2度塗りで一斗缶1.5個(約24kg)使いました。金額にして1万円ちょいぐらい。

天井が表しの木材なので部屋の大きさの割に消費したと思います。それでも激安です!

ブランド物のペンキは1000円以上/平米ぐらいします。

ノボクリーンはなんと120円/平米ぐらい。え!?って思っちゃうほどのコストパフォーマンス。

そりゃあうちも採用しちゃいますよ。不動産大家さんがDIYリフォームで使うのにも最適だと思います。

ただ「この安さで大丈夫なんか…?」って不安になったのも事実です。気になる安全性についても調べたうえで使いました。

ゼロVOC塗料

「VOC」とは何かというとホルムアルデヒドや有機溶剤などの「揮発性有機化合物」のことでシックハウス症候群の原因になる物質という言われています。

ノボクリーンはそのVOCが入っておらず、F☆☆☆☆という環境基準を満たすシックハウス対策のとれたクリーンな塗料なんですね。

実際うちで塗っていてもほとんど臭いがありませんでした。ペンキはみんなシンナーの臭いがすると思っていた私にとって結構衝撃的でしたw

なんでこんなに安全性にこだわったかというと、
当時うちには生後3か月の赤ちゃんがいた(もう2歳)のでシックハウス関連は気にして調べまくったんです。

おかげで何も問題なくスクスク健康に育っています。

参考:大日本塗料 ノボクリーンの説明書

実際塗ってみた感想と、塗装後の質感

塗料は水で希釈してから使います。

会社の同僚たちとペイントしてみました。先に天井をローラーで二度塗り!

手分けして天井塗装

壁もペイントしました。

ローラーでペイント

洋室側のペイント

ローラーで塗った後の乾いた質感は以下のようにマットでいい感じに。パテを手塗りした壁の上からのペイントですがキレイに仕上がっています。

パテ壁の質感

ドアもこの通りモールディング回りも綺麗な仕上がりです。
ペイント後ドアのモールディング

普通にペンキとして塗りやすく、初心者が塗っても問題なく綺麗に仕上がってくれました。

白で塗るだけで劇的に空間が変わるので、本当オススメできます。

ブランド物のペンキは良い色を出すので、白以外の色では使いたいなと思うのですが
ぶっちゃけ白だったらこれで十分すぎるほどです。匂いも全く気になりませんしね。

住んでいて多少汚れた場合も、ほんのり濡れた雑巾で軽く拭けば今のところすぐ取れます。
水性塗料ですが防汚性も耐水性も割とあるようです。

部屋を白く塗りたい人にはコストパフォーマンス抜群でオススメの塗料です。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA