煩雑な配線を隠せる扉付きのテレビボードをDIYする

家具ってなかなか理想の形のものが見つけられずに困ることってありますよね。

特にテレビボードは、レコーダーやゲーム機から2.1chスピーカーまで人によって配置したいものは様々。これだ、という形が見つからない事が良くあります。

今回のテレビボードは「テレビ、ゲーム機、レコーダーの煩雑な配線を見えなくしたい」という理想を形にDIYしてみました。

スポンサーリンク

テレビボードを自作するのは「PSVRの配線がカオス」だから

持っている人は分かると思うのですが、PlayStation4とその周辺機器であるVRゴーグルからなる接続ケーブルがまじでカオスな状況。

その他にレコーダーやNintendo Switchなんかも入ってくると「一本一本紡いでほどく」という言葉が似合うぐらいぐっちゃぐちゃです。

個人的にやっているサービスDIYサポートで助っ人に行ったので依頼主の方と話し合って決まった形が以下のような図。いや、このイメージ図もカオスなんだけど、というツッコミは無しで!

全部で4列構成のテレビボードを計画。右側3列は二段にする試みで、左側1列にはVRゴーグルとかコントローラーをまとめたりする箱を作ります。

では早速作っていきましょう!

ホームセンターで集成材を調達、カット

ホームセンターでも通販でも良いんですが、まずは材料の調達。今回は都内のホームセンター、豊洲ビバホームに行って必要なものをいくつか買ってきました。

【関連記事】都内のホームセンターならやっぱりここ!スーパービバホーム豊洲店がDIY資材の品揃えが豊富で楽しい

依頼主さん的に高級感のある材を使いたいとの事だったので、DIYで良く登場するパイン材ではなく広葉樹のホワイトオーク(ナラ)の集成材をチョイス。ウィスキーの樽なんかにも使われる材でちょい高いです!

ちなみにオーク材は以前やった以下のカウンターテーブルDIYにも使用ました。参考までに。

ただ、オークの集成材はあまり手に入らないうえ、高価なので特に素材にこだわらない方には以下のようなパインの集成材がおすすめです。

テレビボードの制作手順

ここからは実際にテレビボードを組み立てた手順を紹介していきます。

ダボ継ぎ用の穴を開けてテレビボード内の仕切りを設置

自分で使う家具をDIYで作るときは、組み立て時のビス穴が見えていても気にしません。しかし今回は高級感を大事にしたい。

そこで、ビスの穴が見えないようにダボ継ぎで組み立ててみることにしました。

さっそく天板(テレビボードを乗せる板)となる材にダボ継ぎ用の穴を開けていきます。

使うのは「8mm径のダボ」なので、ダボがすっぽり入るサイズの穴を空けるために「8mm径のドリル刃」を買ってきました。インパクトドライバーにドリル刃を装着して穴を空けます。

棚の間隔が均等になるように、穴あけ箇所はしっかり計測して狙った位置に空けてます。

合わせて読みたい

インパクトドライバーの選び方は以下の記事からどうぞ。

ドリルで穴空けが済んだら白パッケージの速乾性ボンドを入れて。

ダボを差し込みます。

ダボ継ぎするもう一方の材にも同じ場所にドリルで穴を開けました。以下の板を上で差し込んだダボに繋げます。

[補足]

本当ならダボマーカーという物を開けた穴に入れて、ダボで継ぐ材に印を付けると作業が楽。というか正確にできます。

けど今回の作業ではダボマーカーを持っていなかったので慎重に計測して対となる穴を開けました…。ダボ継ぎは高い精度が要求されるので絶対にダボマーカー使った方が良いです!(自戒)

ダボマーカーの使い方についてはこのへんの動画が参考になります。

双方の穴をダボで繋ぐと4つの空間に仕切ることができました。

※ビス穴が見えても良いならば板に直接ビスを打って組み立てた方が何倍も簡単です!ビスを直接打って板を直角に組むやり方は以下の記事が参考になります。

【参考記事】小物が多い場所の収納ディスプレイに!簡単に作れるコの字型の棚をDIYする

テレビボード内を2段の棚にするため板を設置

あとは棚の中を2段にする為に、仕切りの間に板を設置すれば完成形にかなり近づきます。

綺麗な直角を出す為に使ったのがコーナークランプというツール。

このクランプは直角に木材を固定することができる便利な道具。これがあればビス打ちする時でも、板がズレることなく作業できます。木材で箱やフォトフレーム作ったりするときにも超絶便利な道具。

コーナークランプを閉めて固定しながら横からビスを打ってやります。

使ったのは65mmの細ビス。その名の通り細いので木材が割れづらくて使い勝手が良いんですよー。

しかしオークは硬い材なので細ビスを打ってる時に何本かビスを折りました。笑

底板にキャスターを取り付ける

2段に仕切る板を全て取り付け終えたらテレビボードの底となる板にキャスターを取り付けます。

今回作っているテレビボードは2mを超える長さ。強度を考えて全部で6コのキャスターを取り付けました。

最後にキャスターの付いた底板をさっき作った仕切りのある本体側とビスで固定すれば、ほぼ完成!!

いやー!結構かっこいい!やっぱり広葉樹で作った家具は高級感がでますね。

ここまで何とか1日で作り上げました。ダボ継ぎしたので天板がまっさらで綺麗!!力作!

棚に扉を付ける

後日、テレビボードの一番左側の棚に扉を付けました。

同じオーク材で棚の形に板を切り出し、取っ手として機能する切り欠きを上部中央にいれます。

※木材の真ん中に切り欠きを入れる方法はまた別記事にしようと思います。

この板をスライド蝶番で固定すれば、完成!!

ここにはPSVRのゴーグルやコントローラーなど、ごちゃごちゃした物は取り敢えず何でも放り込めます。こういうスペースが1つあると良いですよね。

テレビボードの完成

良い素材で作った物はやはりカッコいい!デザイン的にも飽きのこないシンプルな感じに仕上がりました。

DIYというと安く作ることを追求しがちです。ですが、良い素材を使って作ると高級感もあって長く使う気になります。自分で作ったものが一生モノの家具ってなんか気分良いですよね。

長さのあるオーク集成材の天板が綺麗ですねー。ちなみにオイル塗装は後日やる気になったらやる、という緩いスタンス。笑 この時点では無塗装です。

扉を付けた箱部分には配線を裏から収納できるように天板を切り欠きました。コードを入れられます。

この箱の中に延長コード一本持ってきておけば、全ての煩雑な配線はこの中で完結するようになってます。

扉を付けたり、ダボ継ぎしたり。こだわっただけあって作るのに苦労しましたが、やっぱり完成度の高いものができると嬉しさも大きいですね。

今回のレポートがテレビボードや低めの棚を作る方に参考になると嬉しいです!

他に作った家具の記事一覧もどうぞ

以下で今まで作った家具の記事を一覧にしています。良ければ見ていって下さいね。

>>過去の作った家具の記事一覧

スポンサーリンク

質問でも感想でもお気軽にコメントください。

*

CAPTCHA