DIYで中古住宅のセルフリノベーション始めます

築20年の木造一軒家に住むことになりました。 東京によくある細長い狭小住宅。この家に住みながらセルフリノベしていきます。 セルフリノベーション始めます セルフリノベーション記事のまとめはこちら

スポンサーリンク

リノベーション前の状態

初期段階ではリノベーションの対象を3階建中の1階部分リビングの約25㎡に絞ることにしました。 間取りは1部屋が和室と洋室に区切られていて、縦長の部屋です。 間取り図 リビング(になろうとしている部屋)には和室と洋室を仕切る垂れ壁があり、これの圧迫感がハンパじゃない。 さらに垂れ壁により窓からの光が遮断されてしまうので日中でも部屋がどんより暗い。 リノベーション前の部屋1反対から撮影。 太陽の光が期待できるのは、奥に見える和室の障子の窓のみです。 全体的に壁にシミがあったり、砂壁がポロポロ落ちたりします。

離れて見ると割と綺麗に見えますが、数年人が住んでいなかったため部屋が痛んでます。 リノベーション前の部屋2

目指す部屋のテーマ

テーマは「ギャラリーっぽく」というアバウトな感じ。 条件としては「明るい部屋」「広く見える部屋」を実現していきます。

現状、回りが住宅に囲まれ薄暗くうちの家自体も狭いのが理由です。

植物が好きで室内に置くことを想定して、グリーンが映える白を基調とした部屋の色にしていきます。白を使うことで部屋が明るくもなるので一石二鳥です!

なぜDIYでやろうと思ったのか

リノベーションは、業者にお願いする選択肢もありましたが自分でやることを選択しました。

なぜDIYを選んだか、以下の3つが主な要因となりました。

自分の思い通りにできる

自分の好きな空間にできる 自分の好きな色・素材感・細かいこだわりに囲まれた部屋に住みたい!さらに自分で作った部屋だと愛着もあって最高に幸せですよね。

と言うか、私的には自分で作った部屋に住むって他人の作った豪邸に住むより贅沢なことだと思ってます。 業者に頼むと、細かすぎるこだわりが多いと遠慮して言いずらかったり、意図が100%伝わらなかったりしそう…?(これは経験ないので憶測!w)

もちろんDIYでは仕上がりの綺麗さはプロには到底及びませんが、誰にも遠慮することなくこだわりを反映できるのがメリットですね。

完璧なことにこだわり過ぎない人の方が向いているのかも。多少雑な仕上がりでも自分がやったなら納得いくんじゃないのかなと思います。

費用が安くて済む

安く仕入れた無垢のオーク床材 人を雇うって凄くお金が掛かることです。予算の問題は私の中でかなりウェイトが大きかった。

リノベーションの見積もりを業者にお願いすると、目ん玉飛び出そうな額が書かれてます。それがDIYだと材料費のみです!その分良いグレードのフローリングにしちゃいましょう(↑ちなみに私はOutlet品の無垢幅広オークフローリングを取り寄せました)

セルフリノベーションに興味があった

diyは楽しい 私は大学も建築学科とはまるで関係ない学科を出ているのですが、インテリアには興味があったし、木工で物を作ってみたいとも心のどこかで思っていました。

結局はモノづくりを楽しめる性格であった方が向いているのは確かですね。

いざ、チャレンジ!えっ、セルフリノベーションの技術的な情報が少ない…

さっそく実行しようと思っても知識がないのでまずはネットで情報収集を始めたのですが…なかなか見つからない。

知りたい情報は断片的にいろんなサイトに散らばっているのですが詳しく載っているとは限らないし探すのに時間が掛かる。

これは自分を含めセルフリノベを始める人には大きな障壁でしょう。

セルフリノベーションにチャレンジする方の為にできる限りの記録を残しておきたい

そこで、同じように中古物件を買って自分でリノベしたい! という方々に私の経験した知識を伝えたいと思い、このブログを始めました。

どんな工具、材料が必要になるのか。どんな手順で進めるのか。本業の人に教えてもらったり調べたりして作業した実経験をこのブログに書いていきます。

まずは、セルフリノベーションの進め方、作業順序の計画するところから書いていきます。
セルフリノベーション作業の順序

スポンサーリンク

コメント

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA