コスパ最強。IKEAの格安ダイニングテーブル、JOKKMOKK(ヨックモック)の5年使用レビュー

JOKKMOKKのダイニングテーブルと出会ったのは5年前。特に何かを買う目的もなくIKEAへ遊びに行った時のこと。

ダイニングテーブルのコーナーを横切った時に目に飛び込んできた12,990円の大きい文字。
(※現在は14,490円です。当時は1ドル80円〜90円とかの超絶円高だったので外資企業にとってこの値上げも仕方ありませんね。)

「椅子4脚もついてこの値段!?めっちゃ安い…。」IKEAを出る頃にはダイニングテーブルとチェアのセットを車に積んでいる自分がいました。

そして今日までの5年間、このテーブルに座りご飯を毎日食べています。

今回はそんな僕がJOKKMOKKについてレビューしたいと思います。使い心地とデザイン性について感じたこと、良いことも悪いことも包み隠さず書いていきます。検討している方の参考になると嬉しいです。

スポンサーリンク

こんなに安いと何か落とし穴があるんじゃない?

店舗で実物と値段を見かけたときに「安っ!」という感情の次に抱くのが上記の感情ではないでしょうか。僕はそうでした。

安すぎても人は不安になる本当不思議な生き物です。

結論から言ってしまうと、とても良いダイニングセットです!この価格で買えること自体が不思議なぐらい。何か重大な欠点があるんじゃないかと躊躇してる人は買ってしまって大丈夫です。

と、知らない人から言われても信じて良いか分からないと思うので、以下に詳細を書いていきます。

最大の良さは質に対して価格が安い。これに尽きる

テーブルに椅子が4脚付いて14,490円。これ使ってみるとマジで安いと思えます。この値段帯では最強のダイニングセットだと言い切ってしまっても良いぐらい。

IKEAに行く予定の方は他の周りのダイニングテーブルセットを見てみてください。4人用だとグレードが上がるとIKEAでさえ4万円以上しますから。ニトリのダイニングテーブル・チェアセットで一番安いものでも約2.5万ですからね。どれだけ安いか分かってもらえると思います。

しかもJOKKMOKKはテーブルもチェアも無垢の木です。大抵この価格帯だと木目調の柄が表面にプリントされたプリント合板や化粧板と呼ばれる素材が多いんですよ。

無垢の木でできたテーブルの何が良いかと言うと、傷が付いても天板の内部はどこまで行っても木です。これがプリント合板だと表面と内部の素材が違うため凹んだ場所から違う色の素材が見えます。これがめちゃくちゃ安っぽくて目立ちます。

JOKKMOKKはパイン材のナチュラルな風合いでこの値段からすると安っぽく見えません。かなり良い線行ってます。

安さを実現するために犠牲になる部分もある

全てが最高!というわけにもいきません。安く売られているのには理由もあります。

ただこの理由は人によって「そんなことか。」と思う人もいれば「それはちょっと…」と思う人まちまちだと思います。

30kgの重さのダイニングテーブルを自分で持ち帰らなければならない

IKEAでは一応宅配サービスはやっているのですが、とにかく送料が馬鹿高い。せっかくの安いダイニングテーブルセットなのに高い送料が掛かったら台無しです。

しかしこの自分で持ち帰るシステムを採用しているからこそ、安価な価格を実現できているのでしょう。

Amazonや楽天でも以下のリンク先のように業者が代行的な感じで販売していますがIKEA店舗で買うより5000円ほど高くなります。IKEAが近くにない人だと5000円プラスしても通販で買う方が安い場合もあるので上手く活用したいですね。

自分で家具を組み立てなければならない

IKEA製品は今回紹介しているダイニングテーブルだけに限らず、全ての家具がバラされた状態で売っていて客側が家で組み立てるシステムです。

このシステムによって輸送費などのコストを削減していて、最終的にエンドユーザーである我々に安い値段で商品を提供してくれています。なので全く悪いことだとは思わないですね。僕は組み立てるの好きだし。

テーブルの組み立てはめちゃくちゃ簡単なんですよ。5分で終わります。面倒なのはチェアの方、難しくはありませんが部品点数が多いので時間は掛かります。

たまに接合部分など作りが雑なところがありますけど、まあ安いしちょっとぐらいは目をつむっています。

全世界で規格が共通。身長が低い人にとっては椅子が高いかも

妻の身長が156cmなのですが、チェアに座ると足裏がべったり付きません。もちろん爪先は届くんですが、なんか落ち着かないみたい。

IKEAはスェーデンの企業で全世界で同じ規格で売られているため身長の基準が高いのかも。規格が同じで量産できるおかげで驚きの安さが実現できるのでこの件もケチ付ける気はありませんけどね。たぶんこのJOKKMOKK世界的にも数え切れないぐらいの販売台数だと思うんです。

ちなみに僕は身長170cmですけど足裏はぴったり床に付きます。

もし背が低くて足がぺったり床に付かないと嫌だと言うこだわりがある方はやめておいた方が吉です!

テーブルのデザインや質感、素材について

ここからはディテールや質感について。

値段のわりに優秀なのは時にこの項目です。わりと褒める部分しかありません。笑

スタンダードでシンプルなデザイン

上記は我が家にJOKKMOKKが置いてある風景ですが、主張しないベーシックなデザインで部屋に溶け込んでいるのが分かってもらえると思います。(※子供用の椅子は付いてきません)

凝ったデザインではありません。けれどそこが長所でもあり無駄なフォルムを削ぎ落としたシンプルさがかっこいい。このテーブル単体で部屋が一変するような強力な存在感はありませんが、このどこにでも溶け込む雰囲気が素晴らしい。

うちに遊びに来た複数人に「違和感なさすぎてフローリングとセットなのかと思った」と言われるほど。これに関しては「おいおい、そりゃないでしょ。笑」と僕も突っ込みたくなる話なんですけどね。

パイン無垢材のナチュラルな風合いと質感が良い

パイン材(松の仲間)なんで高級感があるとかそう言った類の雰囲気ではないんですが、優しいナチュラルなテイストです。どんな部屋にも合います。

天板には木の節(育成どきに枝が枯れて取り込まれ黒くなった部分)も存在しますが数もそれほど多くなく自然な感じ。仕上げはステインで濃すぎない色付けがされクリアアクリルラッカーという薄い保護塗装がなされています。触り心地も良いです。

無垢材なので使えば使い込むほどに経年変化で味が出てきます。レザーや無垢材は年月と共に愛着が湧くところが最高の素材たる所以です。

角は面取りされて丸いので子供がいる家庭も安心

ガラスのテーブルなんかは角が尖っていて子供がいると怖いんですよね。

その点JOKKMOKKは天板の周囲も脚もしっかり面取りされていて、子供がいる家庭でも安心できます。ささくれも全くなく怪我する要素がありません。

耐久性や実用感

店舗で見かけた際などパッと見デザイン的には良いのは分かるけど、耐久性や実用性は少し試座しただけではなかなか分かりませんよね。

主に気になった点についてあげていきます。

実用上問題ないが他のダイニングテーブルと比べると安定感が弱い

IKEAの店舗でJOKKMOKKを買う時に周りにある他の高価なダイニングテーブルと比べてみると分かるのですが、わざとぐらぐら揺らしてみると他のテーブルよりグラつきがあります。ぶつかった時などにも揺れるでしょうね。

おそらくサイズが小さくコンパクトなのも安定感に欠ける要因だと思います。

だからと言って食べ物や飲みものが溢れるほど揺れるわけでもなく実用の範囲内の話です。使ってて支障があるわけではありません。普通にやんちゃな息子と妻と3人で毎日使っています。

ただこの堅牢感のなさが高級感を感じない要因にもなってます。まあ15,000円に高級感求めんなって感じですよね。笑

耐久性が気になるチェアの背もたれ部分

チェアの全体像は以下のような形。テーブルと同じくこちらもシンプルなデザインでかっこいい。

背もたれの付け根部分にフォーカスしてみると座面から背もたれに入る部分に木材の接ぎ目があります。

どこの口コミだかブログだか忘れたけど、座ったらバキッと言ったという報告も見たことがあります。(重量級な人だったのかな?)

うちは妻も自分も標準的な体系ですけど、5年使って背もたれが折れる気配は全くしていません。普通に使えばまず折れることも無いのではと実際使ってきて感じます。(個体によるのかもしれませんね。それでも背もたれが折れやすい個体に会う確率も低いと思います)

ただ、接ぎ目の位置が位置なだけに荒い使い方をすると確かに壊れる可能性があるのは同意です。

ちなみにうちではこのチェアにIKEAで500円で売ってたブルーのクッションを付けています。これがJOKKMOKKのために作られたクッションかと思うほどジャストフィットで良い具合です。

4人座れるけど最低限のコンパクトなサイズが長所であり短所でもある

テーブルのサイズは「縦1180mm×横740mm×高さ740mm」

1180mmというと4人用としては結構コンパクトなダイニングテーブルです。

事実、大人4人が座ると少々狭く感じます。使えないことはありませんが、あまりオススメできません。他にもテーブルに調味料やカラトリーを常に置いておくような使い方だと狭く感じてしまうと思います。

逆に子供が小さい家庭には理想的なサイズです。家が狭いけどダイニングテーブルで食事をしたいと言う場合にもこのコンパクトさは絶妙にちょうど良い。

結論:夫婦だけの家庭や子育て家庭は買って損のないダイニングテーブルセット

10万を超えるような高価なダイニングテーブル・チェアと比べるとどうしても粗が見えてしまいますが、この値段帯では最強のコスパを誇るダイニングテーブルです。

安いから気負いなく多少乱雑に扱えるところもポイント高いです。笑 子供が小さいうちはご飯の時間はもうめちゃくちゃですからね。子供が中学生に入るぐらいまでの最初のダイニングテーブルとしてはサイズ的にも値段的にも最高に使い勝手がいいですよ。

うちでは子供が生まれる2年前から使い始めて現時点で5年になりますが、長く使おうと思えば15年は戦えると思います。

しかし実はいろいろとご縁があり新しいダイニングテーブルをうちに迎えることになりました。JOKKMOKKに不満があったからというわけではありません。なので、ここまで我が家の食卓を支えてきてくれたJOKKMOKKに対する感謝の意味も込めてこのレビューを書きました。

情もありますがこの価格帯では良い製品。多くの家庭の団欒を影で支えるダイニングテーブルであってほしいと願います。

スポンサーリンク

質問でも感想でもお気軽にコメントください。

*

CAPTCHA