おしゃれなデザイン火災報知器を取り付けてみた話

JARO 火災報知器 デザインの気に入った火災報知機を見つけたので買いました。取り付けていきます!

スポンサーリンク

元から付いていた火災報知機は地味だけどチープな素材感で部屋で浮く

以前、天井解体をした時に元から付いていた火災報知機も取り外しました。

その火災報知機、もう一度付け直せば使えるんですが、どうにも地味でチープな風貌でありながら部屋で浮いてしまうんです。 元から付いていた火災報知器 プラスチッキーな素材感の主張が激しいのです。オレはここにいるゾー!ってね。

そんな訳で、部屋に合いそうな機種を探しました。

しかしネットで物色するも、どれも見た目を気にしてない似たり寄ったりのダサい製品しかないんですわ。火災報知器メーカーには失望ですわ…機能すればそれだけで良いってもんじゃねーぞ。

今ならデザインに力入れた商品が作れれば頭一つ抜けて売れるんじゃないでしょうかね?それぐらい個性ある商品が少ない

もっと選択肢がほしいですね。 私はこういう小物こそこだわりたい派なのです。こういう人は少ないのでしょうか…

部屋に溶け込むデザインの火災報知機がないか探した

嘆いても仕方ないので、さらに探したところ。
ありましたよ!ありました。こういうのが欲しかったのよ!ありがとう!

買ったのがJALOというメーカーの「KUPU」という製品。 KUPUの箱 他と一線を画す洗練されたデザイン。 ファブリック素材で優しい質感が気に入りました。 ファブリック素材でマットな質感 横から見るとこんな感じ。この隙間から煙を感知するのだろうか。 JALO KUPU 側面 裏側から JALO KUPU裏面 天井に取り付ける際のネジも付属していました。石膏ボードに固定できるアンカーも入っていました。

私は梁に直接ビスで固定しますが、天井が石膏ボードでも安心して取り付けられますね。 付属品

設置方法

設置作業はたったの二段階。

1、インパクトドライバと商品付属のビスでベースを天井に固定

設置箇所を決めたら火災報知機のベースとなる部分を付属されていたビスで固定します。
※石膏ボードの天井に取り付ける方はアンカーを使って固定。アタッチメントを天井に取り付け 設置場所は適当ですw煙を感知しやすそうな部屋の真ん中あたりにしました。

2、固定されたベース部分に本体を回転させながら設置

製品の裏側には円の内側に4つの爪が付いています。これを先ほど天井に固定したベースに回転させながら噛み合わせます。 火災報知器(裏側) めっちゃ簡単です。火災報知機の設置って難しいイメージあったけど簡単なんですね。設置作業は10分くらいで完了。

火災報知機だと気付かれない溶け込み具合

遠目から見るとこんな感じです。部屋に溶け込んでいて存在を意識させません。 部屋に溶け込むデザイン パッと見て火災報知機だと分からないかも。 JARO KUPUを取り付けた   ※現在売り切れ中っぽいですね。

こちらもカッコイイけど、値段が…!LEDも目障りにならないかが気になるところ。

スポンサーリンク

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA